相席

懐かしい友人と一緒に出かけたお店。
人気店には、やはり魅力があります。
味はもちろんのこと、その雰囲気。
集まるお客さんが、お店のいい雰囲気を作るんだね(^-^)

  

 絶対にイヤだ。
 そういう人もいる。まあ、あんまり歓迎はされない。
 昼時なら、あきらめる人も多い。
 さて、な〜んだ。
 クイズじゃないと言われそうだ。
 が、そう。相席である。

 別に私も好きというわけではない。どちらかいうと、あまり歓迎はしない。それは、ゆっくりとテーブルに座るほうがいいにきまっている。一人にせよ、何人かで行くにせよ、その方がいい。
 しかし、そう敬遠するほどのこともないじゃないか、そうも思う。というのは、相席には、相席の楽しみがあると思うからだ。

 相席をとお願いされる店は、たいてい混んでいる。そりゃそうだ。空いているのに相席を頼んでくるような店は、ろくなもんじゃない。そして、混んでる店というのは、たいがいの場合、いい店だ。
 もちろん、昼時で他に店がないから混んでいるということもあるだろうが、そうでなければ、人気があって客が来るから、混むのである。そういう店は、経験からいうと、おいしいことが多い。絶対とはいわないが、いつも客でたてこんでいる店には、それなりの魅力がある。おいしいとか、安いとか、雰囲気がいいとか、メニューが面白いとか、なにか取り柄があるものだ。

 先日、友人と初めて行った店も混んでいた。もう、それは承知で行った店だ。渋谷の有名店、いつも行列のできる店だ。予約もなしにでかけたので、入れるかどうか不安だったが、幸いなことに、待ち人数もたいしたことはなく、しばらく待てば座れるという。
 我々は、待つことした。
 当然、相席である。

 台湾料理の店。初めての店内だが、見覚えがある。何回も雑誌やテレビで紹介されているのを見ていたからだ。上から、腸詰めがつり下がっていて、まるでのれんのようだ。
 案内されたのは、二階の方だったが、これも満席。階段の上がり口に設けられた席で、暫く待つ。
 中はぎっしりという感じだ。ようやく人が通れるほどの隙間はあるが、とにくかぎりぎりまでテーブルと椅子がならんでいる。それでも満席とは、たいしたものだ。
 その狭い隙間をぬって、器用に店の人達が皿を運ぶ。とくに音楽は流れていないが、客の笑い声と店員達の話し声、日本語とお国の言葉がまざりあって、なにやら不思議な雰囲気だ。ちょっとした海外旅行の気分で楽しい。

 ほどなく案内されたのは、中央の席。六人がけで、すでに四人が座っている。どちらも男女のカップル。夫婦か、あるいは恋人のようだ。
 こちらも一応男女ではあるが、こっちは単にそれだけ。長年の友人で、しかも食べ友達。中華街のコースの食べ歩きができる貴重な友人なのだが、仕事で遠方に越してしまい、あまり一緒に食事できなくなってしまった。今日は、久しぶりに食事して、友人達の近況などを報告しあおうというところ。

 初めての店だか、注文は決まっている。まず、有名な腸詰め。メニューを二人で捜すが見あたらない。もう一度、最初から見直して、ようやく見つけた。豚のしっぽや耳という、興味深いメニューにひかれて、二人とも見逃したらしい。メニューの中ほどに隠れていた。
 飲み物は、まずビールは決まりで、紹興酒はボトルごと暖めてもらう。食べ物は、まずは基本の三種盛りを頼む。その注文をしたとろこで、次の検討に入る。
 彼と一緒だと、食べる量の心配をしなくていいのがうれしい。小食な人だと、こちらも手控えなければならないのが辛いが、彼だとその心配がない。なんといっても、中華コースの食べ歩きができる人間なのだ。安心して注文していける。

 初めての店だと、なかなか要領がわからない。だが、相席だとこういうときは便利だ。同じテーブルに客がいるということは、注文見本がそこにあるということだ。さらに、こういう混み具合だと、行き交う店員さんの盆の上を見ていれば、人気の商品は一目瞭然だ。
 まず、貝の皿。これが頻繁に通る。次に多いのは、豚だ。たぶん、角煮とみた。テーブルの二組もこれは注文している。皿の上でふるふると震える肉のかたまり。なるほど、これは外せない。と思うが、次の注文は彼がすでに出した後だ。が、こと、中華の注文については、全幅の信頼を寄せているので、文句は言わない。まかせておいて大丈夫。こういう相手だと、安心して食べられて、実によい。

 さてさて、その次の注文は。と、メニューにまた見入ろうとすると、向かいの客がやたらとこちらをのぞきこむ。
 どうしたんだ、何があったんだ。
 どうも、私の方を見ているらしい。しかも、向かいに座っている男性の方がだ。
 ちょっと、それはまずくないか、あなた。カップルで来てるんでしょ。いくら、私が魅力的といっても。
 と、そこまで考えて、はっとする。
 へっ、私。今、どんな格好してたっけ。
 雪ですべってはと、スノーブーツもどきに、スポーツウェアもどき。しかも、防寒仕様。どう考えても魅力的とはいいかねる。おまけに、ノーメイク。寒さと雪に負けて、ついつい、こんな格好で出てきてしまったのだ。
 しまった。
 こうなると知っていたら、もっとましな格好を。
 頭の中でグルグルしているうちに、向かいの男性が頭をさげて、手のひらでメニューを指した。
 そうか。メニューである。
 1テーブルに1つのメニュー。それをさっきから、我々が独り占めしていたのだ。
「すみません」
 あわてて謝って、メニューを渡す。紳士らしくその男性は、軽く頭をさげてうけとると、彼女にメニューみせて選び始めた。

「それでさぁ」
 と、隣の友人は話し始めた。幸い、友人は食べていて、私のお馬鹿な思い違いには、気がつかなかったらしい。
 助かった。
 この恥ずかしい勘違いは、私だけの秘密ということにしておこう。

 にわかにテーブルのまわりが騒がしくなった。行ったり来たり、同じ貝の皿が行きつ戻りつしている。どうも、どこの注文の品かわからなくなったらしい。
「こちらのですか」
 尋ねられて、答える。
「いえ、違いますけど、もらいしまょうか。どうせ、注文しようと思ってたし。」
 待たずに食べられるぞ、と待ちかまえたが、お皿は、そのまま引き上げられ、各テーブルで迷子捜し。帰ってこなかったところをみると、注文主がみつかたのだろう。

 貝のお皿が迷子になったおかけで、同じテーブルの人達どうしが、顔を見合わせることになった。結局、このテーブルの誰の注文でもなかったのだけれど。
「あれは、おいしかったですよ」
先ほど私が失礼な勘違いをした紳士が言った。
「まあ、二皿めは、やめておきますけどね」
連れのおどけたセリフに、女性はころころと笑った。
 いい感じである。ミドルエイジのカップル。ご夫婦なのか、そうでないのか。落ち着いているが、気取ったところがない。
 その時、私が追加した角煮が運ばれてきた。
「あぁ、やっときたね」
友人が受け取る。
「これも、いけまよす」
今度は、若いカップルの男性が、話しかけてきた。
「おいしいんです。ダイエットにはよくないけど」
と、その必要のまったくなさそうなスタイルのいい若いお嬢さんが言う。
「でも、おいしそうですもん。いいですよねぇ」
私は、早速、箸をつける。
 とろとろである。あぁ、頼んでよかった。

 見知らぬ人たち、たぶん、もう二度と会うこともない。でも、同じテーブルを囲んだ仲間。なんだか、ほんわりとした雰囲気がまわりを包む。
 おいしい料理、居心地のいい雰囲気。
 特にそれ以上の会話があったわけではないけれど。
 共有した1冊のメニュー。それぞれが注文した品々。同じ物、違う物、注文のその順番。
 そこからは、見るとはなしに見えてくるものがある。
 きっと、いい人なんだろうな、そんなことを思う。
 だって、紹興酒を同じようにボトルであためて、あの角煮と腸詰めを両方とも注文するんだもん。なんて、論理的でないけれど。
 結局、たいしたことをしゃべったわけではかなったけれど、なんだか、とてもいいテーブルだったように思う。

「また、来よう」
彼が言う。
「うん、また来よう。料理もおいしいし。今度は皆で」
私も賛成する。
「雰囲気が、また、いいかならなぁ」
 そう、いいお店だった。でも、その雰囲気の何割かは、あの相席の人たちのおかげ。

 見知らぬ人たちが、同じテーブルを囲む。たまには、そういうのもいいと思う。
 私は、そんなに相席が嫌いじゃない。
 それは、こういうことがあったりするから。


 


「あれこれ」目次へ



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)