あとづけ

大雪でしたね、関東。3年ぶりだそうです。
その雪の中、でかけるはめになりました。(^_^;)

  

 行くべきか、行かざるべきか。
 悩むのは、そこである。
 外は、雪。それも、ここ数年、なかったような大雪。一面の銀世界という関東ではあまりお目にかかれない世界が、窓の向こうにはひろがっている。しかも、その視界をさえぎるべく、雪は降り続く。


「たがら、まぬけだって、言うんだよ」
胃袋は言う。
「そんなこと言ったって。食後、寝ちゃったじゃない、あんたは。私はやっとのことで、なんとか家に帰りついたんだから。それだけで必死だったんだからさぁ」
私は言い訳する。


 昨日、大学病院の帰り、疲れきって、なんとか食事はしたものの、薬をとるのをすっかり忘れて帰ってきてしまったのだ。気づいたのは、帰りついた後。あらためて外へでるのもかったるく、明日とりにいくからと薬局に電話をした。その明日が今日である。よりにもよって、関東は記録的な大雪。テレビでは、画面を分割して大雪の交通情報を流している。あちこちの路線で遅滞や通行止めが起こっているらしい。さもありなん。窓の外の雪は、さっきより勢いを増したかにみえる。


「どうするんだよ」
胃袋は言う。
「うぅん」
うなるしかない。究極の選択である。この具合の悪い中、薬なしで家に留まるか、大雪の中、薬を取りに行くか。
「食料はあるといえばあるけど」
胃袋は言う。あいつの心配するのは、そのことだけだ。
「うぅん」
「でも、まあ、薬局は明日は休みだからね。今日行かないと週末いっぱいヤクがないってことになる。大丈夫かい?」
「人聞きが悪いなぁ。それじゃ、まるで違法ドラッグを使ってるみたいじゃない。私が飲んでるのは、ちゃんとしたクスリなんだからさぁ」
「じゃあ、なお、悪いね。そんな肝心な薬を取り忘れるなんて、どうかしてるよ。かかってるのは、君の命だ」
「他人のようなことを言うけどね。かかってるのは、あんたの命でもあるんだから」
「やれやれ。相棒のミスは同罪ってことか」
うぅん。
 我々は一緒にうなった。


 外は雪。降り止む気配はない。
「行こう」
胃袋が言う。
「行くの?この雪の中?」
「だけど、考えてごらんよ。このまま家で、薬なしで。万一のことがあればどうなる」
「まあ、そう言われればはそうだけどさぁ」
「いいかい。そりゃ、外に出て具合が悪くなる可能性はある」
「うん」
「だけど、このままでも、具合が悪くなる可能性はあるだろう」
「うん」
「どちらも同じなら、他の要因を考えるべきだね。もし、今、発作を起こして死んだとする。最後に食べたのは、何になると思う?」
「そうだね。今、買い置きがあるものだから。ろくなもんじゃないな。冷凍のパスタかピラフ、それもとおかゆとか」
「だろう。最後の晩餐がそんなもんでいいと、君、思ってるんじゃないだろうね」
「ええっ」
「そんなんじゃ、死んでも死にきれないじゃないか」
「はあっ。でも、外にでて雪の中で倒れたら」
「確かに、それもあるがね。外にでれば、もっとましな食料にありつける可能性がある。可能性があるのに、あきらめるのは、人間としてどうかと思うね」
「人間としてねぇ」
「それに、君。他に約束もあるんじゃないのかい」
 そういえば、美容室の予約も入っているのだ。行くのを取りやめるのなら、それもキャンセルしなければならない。髪はぼさぼさ。もう限界に近い。また予約を取り直すのも骨である。仕方がない。人間として約束を守るのが道というものであろう。
 我々は、決断した。外に行く。重装備して雪の中を出かけることにしたのだ。


 もちろん、自転車が使える状態ではない。それどころか、スノーブーツもどきが、くるぶしまで埋まりそうな雪である。降り続く雪の中、傘をさして歩く、その一歩一歩が一苦労である。雪国の友達には、笑われそうだが、なにしろ、こちらは南国の生まれ。雪には耐性がまるでない。やっとの思いで駅前にたどりつく頃には、ほとんど寒いという感覚もなくなってしまっていた。


 美容室は意外なことにそんなにすいてはいなかったが、店長が「予約客以外には客なんて来やしない」とぼやいていた。私には、どの客も予約を律儀に守るのが不思議だった。皆、偉いなと感心した。店の若手にそう言うと「そうですよね、ぼくならキャンセルしちゃうかも」と笑っていた。美容室のガラス張りの窓の外は雪。間断なく降り積もる雪は、アーケードの上に分厚く降り積もっていく。「後で、雪だるまが作れるよ、きっと」と店長が悠長なことを言っていた。暖かい店内から眺める雪は、さほど悪くはない。温泉で見る雪は最高だろうな、などとそんなことを考える。


 美容室を終えて、今回は忘れないように、薬をとり、それから食事に行く。いつもの週末なら人通りの多いデパート前の道なのに、ほとんど人気がない。どこにしようかと見渡すと飲み屋が何店舗か入っているビルの下に、ランチの広告がでていた。
 雪の中、ご来店ありがとうございます。ランチあります。定番メニュー、角煮定食。


「よっしゃ」
 胃袋の意見に私も賛成し、横のエレベーターで上にあがる。
「いらっしゃいませ」
 威勢のいい声にむかえられたものの、さすがに客の数はまばらだ。時間がずれているせいもあるだろうが、3人しかない。一人は学生さん風。あとの二人はカップルのようだ。我々は、カウンターのはじっこに座って注文する。もろちん、お勧めの角煮定食。
ほどなく、盆に載って出てきたのは、ごはん、角煮、漬け物、汁物。汁物は、豚汁だ。具がたっぷりはいっていて、こんな日には、暖かい豚汁は本当にありがたい。食べるうちに身体が中から暖まってくるのがわかる。
「なっ、よかったろう」
 胃袋は手柄顔だ。
「うん、よかったよ」
 私も素直に認める。あのまま、家にいたら、薬のない不安をかかえて、あまりおいしくもない冷凍ものを食べるはめになっていたところだ。こんな暖かい野菜たっぷりの食事は望めなかったろう。角煮はこの飲み屋の定番メニューで、はずれがない。安心して、食べられる。

「ごはん、よかったら言いなさいよ」
 残念ながら、このおばさんのセリフは、隣の学生さんにむかってのものらしい。我々はそっとため息をつく。どうして、我々にも言ってくれないんだろう。この角煮なら、何杯でもいけそうなのに。
 仕込みにはいっているのか、調理場は、客が少ないはわりに、忙しそうだ。夜になれば、この雪もやむのだろうか。お客が入ればいいけれど。と、よその店ながら、見ているとそんなことが心配になる。
 トントン。ジャー。シュワシュワ。パシャン。
 調理場の音は聞いているだけで楽しくなる。この音をきくだけでも、でてきたかいがあったかもしれない。胃袋も私もすっかりご機嫌である。小気味よい音を聞きながら、カウンターから調理場をのぞいていると、奥の方からおばさんが小皿をもって近づいてきた。
「あとづけ」
 にっこり笑ってそう言うと、目の前に皿をおく。我々が何を言うまもなく、あわただしくまた奥へ引っ込んでしまう。忙しいらしい。
「あとづけ?」
私は胃袋に尋ねる。
「後付けってことかな。先付けの逆か。」
 とにかく、食べてみることにする。
 春巻きの皮の中に、ソーセージが入っている。ただ、それだけのものだが、あげたてで、とてもおいしい。皮はパリパリ、ソーセージは噛むとジューと肉汁がでてくる。
「いいねぇ」
胃袋はうなる。
 確かに。いい。これは、いい。
 雪の日サービスなのだろうか。追加の一品なのか。それは、わからない。
 でも、なんだか、いい感じである。


 チン。と音がしてエレベーターがあく。と、中からぞろぞろと人がでてきた。「予約してあった**だけど」「上へどうぞ」どうも、宴席の予約が入っていたらしい。この雪の日に。やはり、約束は守るのが人の道なのだろうか。宴会の約束を律儀に守ってやってくる人間はいるらしい。まあ、この店なら、おいしいものがでてくるのだろうし、それなら雪の日に出かけるかいもあろうというものだ。


「ごちそうさま」
 ごはん一粒も残さず、定食をあとづけまできれいにたいらげ、我々は店をあとにした。
 雪は、少しも小降りになっておらず、心なしか前よりひどくなっているようだった。
 けれど、もう雪はそう苦ではなかった。おなかは、くちく、バッグの中には、愛用の薬がある。
「デパートにでもよろうか」
私の方からさそってみる。
「いいねぇ。なにか、うまいものでもみつくろおう」
胃袋も賛成する。
「うん、今日は雪見酒だ」
 そう、雪も悪くない。
 胃袋と二人づれ、薬と食料さえあれば。



 


「あれこれ」目次へ



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)