箱根限定の旅 1

田むら銀かつ亭
渡辺ベーカリー

  


「とれたぞ」
「よっしゃ」
 おっさんのような会話で、はりきって、小田原を出発しのたは、まだ朝の10時台。
 私は関東からだが、相手は、大阪から新幹線。会議でもないのに、朝一で出発してくれたらしい。それも、これも今回の目的。箱根、食べまくり限定の味の1軒目、田村銀かつ亭で食事をするため。今回の旅の第一目的は、食べること。二番めは、露天風呂。食べる方に70%とほどのウェィトをおいている。女二人で食べまくりだ。


 前日に、電話で予約。限定の豆腐かつ煮定食をとっておいてもらっているので、後は、お店の前で並ぶだけ。さすがに、時間で席まではとってはもらえない。そりゃそうだ。箱根の人気店のこの定食は、限定30。口に入るだけで、めっけもの。予約してあるとはいえ、やはり心配。そこで、朝早くから小田原集合で店の前に並ぶことにしたのだ。


 しかし、混んでいる。店の前には、雨の中にもかかわらず、お客さんがズラリ。店の前に並べた椅子は、当然満席。まにあうわけもなく、皆、道の横に立って並んでいる。私達もその後ろに。でも、幸い、時間がはやかったので、そんなに待つことなく店内へ。念願の「豆腐かつ煮定食」を食べることができました。


 強羅駅のそぐそば。銀豆腐の特注豆腐を使った豆腐に挽肉を夾んで揚げて柳川風にしあげてあります。ショウガがきいていて、あっさり風味。う〜ん、きたかいがありました。ごはんがよくすすみます。おみそ汁、ごはん、おつけもので、1100円。これは、食べたいよね。皆が並ぶ気持がよくわかる。


「このあいだ閉まってましたね」
お隣のお客さんとお店の人との会話をきいていると、どうも箱根に来るたびに足を運んでいる常連さんのよう。あぁ、こういう人もいるだろうなぁ。そう納得できる味です。場所もいい。箱根に来るとまず通ることになる、強羅の駅から徒歩3分。
 また来たいよねと友達と言いながら、強羅からは、登山電車からケーブルカーに乗り換え。早雲山からは、さらにロープウェイに乗ることになる。
 めざすコースは、箱根ゴールデンコース。乗り物全種のりまくりの超豪華コース。小田原からは、箱根湯本まで小田急。箱根湯本から強羅までは、登山電種。強羅から早雲山までは、ケーブルカー。早雲山から桃源台まではロープウェイ。桃源台から箱根町までは、船。箱根町から小涌谷まではバスで帰るという、箱根を大きくひとまわりするコース。


 次の食べ物スポットは、ロープウェイの途中駅。大涌谷の黒たまご。これは、1個食べると、7年寿命が延びるという縁起物。これを食べずに素通りするのは、やはりもったいない。時間があれば、ここで降りて一休み。ビールを片手にゆで卵を食べたいもの。
 ただし、ここのゆでたまご、6個500えんだが、食べ過ぎは禁物。一度、一人で一気したら、具合が悪くなった。友達と買って分けるのが正解。よくばると長生きどころか、寿命を縮めそうだ。要注意。


 今回は、ロープウェイの中の景色はいまいち。雨にたたられなかったかわりに、霧がすごい。でも、ミルクの中にはいっていくうで、なかなかこれも面白い景色。気分はどこかファンタジー。でも、大涌谷を越すと、視界もわりにきくようになってきた。下には、雉が砂浴びしていたりして、なんとものんびりした雰囲気。下では、満開の紫陽花も、ここはまだ固いつぼみ。やはり気温が低いんだな、高度が高いんだな、と感じさせられる。


 ロープウェイを降りたら、そこからは船。時間がなくて、そのまま乗り込むが、時間があれば、ここでソフトクリームとかが食べられる。残念だと友人にいったら「信じられへん」と言われた。別に信じてもらう必要はない。単なる事実だ。だが、まあ、船に乗り遅れてまで食べる必要はない。そのまま乗り込む。
 海賊船の中は、一等と二等にわかれていて、追加料金で一等席にものれるが、ガラガラなので、二等のまんまえにじんどって、足をなげだす。天気がもつているのがありがたい。それほどの時間もなく、箱根町に到着。ここからはバス。


 小田急フリーパスを買ったので、小田原からこっち、交通機関は、すべてこれを提示するだけ。切符を買わずにすむのがいい。バスだけは、系列が違うものがあるので、乗る時にバス会社を要チェック。フリーパスの使えるバスに乗り込む。
 土日などは、全然、時間がよめないバスだが、この日は平日のせいか、すいすい走る。こんなにすいていたのは、初めて。あっというまに、小涌谷。ここからは、また登山電車に乗り換え。コインロッカーにあずけた荷物をとりに、強羅に帰り、ついでにおみやげ物を物色。


 箱根といえば、寄せ木細工。不器用な私は、こういうものに弱い。ついつい、みれば欲しくなる。昔ながらの取扱店に行って、あれこれ見せてもらい、ムクの箱を自分用にゲット。ちょっと高かったが、箱、好きなんだよねぇ。つい買ってしまう。こんなに箱が好きなのに、どうして、整理整頓がヘタなんだと友人は不思議がるが、まあ、そんなもの。彼女は、お留守番の旦那様に忘れな盆を選んでいた。寄せ木の細工がきれいで、なかなかよさそう。ついでに、二人でイヤリングも物色。木のイヤリングは、軽くて楽。友達にミニチュアのお茶道具セットを買ったりする。これも細工もので、茶筒もあくし、しかも、その茶筒も寄せ木になっていて凝っている。こういうものには、本当に弱い。見ると欲しくなる。でも、自分で持っていてもなくすだけなので、友達へのお土産。


 ここから、もう一度、宮ノ下へ登山電車で引き返し、そこから宿に直接は行かずに、今日のもう1件、限定の店へ。
 渡辺ベーカリー。宮ノ下の駅から徒歩だとちょっとかかる。といっても、距離的にはたいしたことないのだが、荷物をもっていると、坂もあってきつい。でも、食べ物のためには、女二人、根性を発揮して、なんとかだとりつく。
 ここの名物は、温泉シチューパン。パンをくりぬいて、シチューがいれてあるもので、500円。これは、店内でいただける。みかんジュースとあわせて、食べたが、あつあつでおいしい。つかれた身体には、ありがたい。宿でのおやつにと、こちらも名物、梅干しあんぱんとその他のパンを買って帰ることに。食べた後は、足取りも軽い。やっぱり、おなかすくと、人間、いけません。食べなきゃね。
 宮ノ下の宿に向かう途中で、川辺光栄堂に立ち寄ってみる。しまっていたので、売り切れからと思ったら、幸いまだ残っているということ。鉱泉煎餅をお土産にゲット。これは、中はもちろんだが、バッケージが昔のままでとってもかわいい。レトロな雰囲気なので、女性のお土産には最適。日持ちもするので、遠くの友達に送ったりするときには、便利。ただし、売り切れが多いので、できれば、午前中に寄ると安心。


 煎餅もゲットして、シチューパンでおなかも満足。意気揚々と宿の連絡所に到着。宮ノ下のバス亭のそばにある対星館のケーブルカーの発着所に到着。
 そう、今回の宿は、ここ対星館。自家用ケーブルカーでなければ行けない、温泉旅館。小説やテレビなどでもよくでてくる、箱根の有名な温泉旅館の一つ。なんといっても、この自家用ケーブカーが面白い。乗り物好きなので、ついついここを選んでしまいました。

 二人で乗り込むと、なぜか他の荷物を真ん中に置かれて、ケーブルカーがスタート。パンフレットにあるとおり、荷物は、すべてこのケーブルカーで搬入しているらしい。真ん中に置いてあるのは、旅館の荷物らしくて、案の定、到着のところには、宿の人がひきとりにきていた。う〜ん、面白いぞ。渓谷は急で、確かに、これはケーブルカーでなきゃ無理だろうと納得。川の音が緑の中にきこえてきて、別世界という感じ。


 宿もケーブルカーも施設は古いです。もとより、歴史のある建物だから無理もないんですが、そのかわり、世間の喧噪はここまではいってこない。なんか、時代がポーンと前にもどった感じです。
 宿についたとたんに、夕食の時間をたずねられ、とにかく、一風呂あびてくるというのことで、温泉に。女風呂から、そのまま露天にでられるしくみ。ラッキーなことに、私達以外の人はでたあとで、貸し切り状態。やっぱり、温泉は露天が一番。石にこしかけて、足だけつけたり、中にはいったり、外ですすんだりしながら、のんびりつかります。向こうには、さっきのったケーブルカーがみえたりして景色は最高。川の音がずっと聞こえていて、あとは、深い緑。本当にのんびり。命の洗濯ってこのこのとよね、と女二人で、気兼ねなくゆったりのお風呂。


 満足して、部屋にもどると、そろそろお食事。さっぱりと、着替えをして、食事をまちます。お食事は、私だけ生の魚と肉を避けてらったので、おつくりが湯葉料理にかわっていて、後はお品書きもついてくる和食のコース。どれも、こっていて、量的には、多くもなく少なくもなく、ちょうどいいかんじ。川の近くなので、あゆもてできました。これは、好物なのでうれしい。暖かいもの、つめたいもの、あれこれ食べて、最後は、うなぎ。おおおつ、そういえば、これも川のものか。友達がうなぎはいらんというので、結局、最後にうなどんにして、2杯も食べてしまい、やっぱり、しめはお茶漬けなんやってしまったので、食後は、まったく動けないことに。友人は、日本酒をお燗して、私は、冷やしたビールでガンガン食べていました。
 部屋食って、そのままでいいから楽です。やっぱり、旅館は、これがいいよねぇ。デザートを別の間でとっている間に布団もしていもらって、そのままバタン。しばらく、のたっていて、それから旅館の人にすすめられたホタル見物に。


 もしかしたらと言われて期待してなかったんですが、いました。ホタル、本物。養殖とか、離したやつとかじゃない野生のホタルがとんでいました。橋の上からみていると、あっちに1つ。こっちに1つ。光がとんでいます。点滅の間隔の長さで種類が分かれるという話はきいたことがあるんですが、正確には覚えないのでこういうときに役にたたない。けれど、そんなことなどどうでもよくなる、幻想的な風景。光の数が多くないのが、逆にいい。都会のホテルの催しなどだと、いかにも今日持ってきて、離しましたって感じで、群になっていて、あんまり風情がなかったりする。ここのは、そういうのは全くないんでしょう。自然そのままで、それがうれしい。お酒かはいってほてった身体に川の風が涼しくて気持いい。施設的には、立派な旅館は他にいくらもあるだろうけど、この眺めは、確かに他では真似のしようがない。最高のおもてなしです。


 部屋に帰って、そのまま敷かれた布団にバタン。「お風呂は」という友人に、「もう、寝る」なんて根性なしの返事をして、そのままゴロゴロ。
 う〜ん、極楽、極楽。
 たまには、こんな贅沢もいいよねぇ。なんて自分に言い訳しながら、わざわざ持ってきた箱根のミステリーを読みながら、寝てしまったのでした。


「あれこれ」目次



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)