箱根限定の旅 2

喜楽荘
箱根ビール蔵

  


 夜は弱いかわりに、朝は早い私。4時頃から、ごろごろしていて、5時には、とうとう起き出してしまいました。毎朝、5時に起きているので、旅行中でもこんなもの。でも、私より、ずっと遅くまで起きていたはずの彼女がさっさと起き出してきたのには、びっくり。
「朝湯に行くやろ」
あっ、そうか。
彼女は大の温泉好き。宿選びでも露天風呂は必須だからね、と念を押されたのでした。昨日、行った露天風呂。川が見えて、緑がいっぱい。まさに大自然は私のもの状態。たいそう、お気に入りの様子。さっそく、朝から温泉に行くことにしました。


 ちょうどタイミングよく、まだお客さんは、来ていません。後からちらほらみかけたけれど、露天風呂は、貸し切りにもしていないのに、貸し切り状態。
「これで日本酒浮かべたいよねぇ」
なんて、朝から彼女はご機嫌。でも、昨日もいっぱい、飲んだじゃん。まあ、私も人のことは言えないけれど。
 お風呂に入るとおなかがすいて、朝ご飯まで間がもちません。こういう時のためにと、昨日、渡辺ベーカリーで買い込んできたパンをごそごそ。それに、あの黒たまご。二人で朝ご飯の前に早朝ご飯。


 ところが、そんなことをしているうちに、お部屋には、朝食の支度をしに宿の方が。あわてて、隠したけど、間に合いません。まあ、そんなに悪いことをしているわけじゃないんだけど。ちょっと、ばつが悪い。
 朝ごはんとはいえ、結構豪華。ごはんが進む内容と宿の人が自慢していたけど、その通り。のりに、焼き魚、つくだに、玉子、ガンガンいって、あっというまに、3杯も食べてしまいました。
「もう、いいの」
と聞かれたので、
「あのね、私、旅行中は、朝ごはんは、3杯までって決めてるんだ。昼が早いとまずくなるじゃん」
と説明したら、彼女は、あきれていました。でも、そういう彼女もきれにい、全部、食べてたんだよ。


 でも、それだけでも動けないくらい、満腹。そのまま、畳の上でごろごろころがってました。あと、もう少し、こうしていたい。そうおもっていたのに。
「ほら、もう、そろそろ支度しな」
「えっ、もう。まだいいじゃん。」
「あかん。あの限定のそば屋のそばが売り切れるかもしれへん」
「ええっ、あれも並ぶの」
「当たり前や。なんのために大阪から出てきたと思てんの」
そうか。そばのために出てきたのか。それなら、行かねばなるまい。
 食べ物中心の旅とはいえ、観光もおろそかにしないのが、彼女のすごいところ。
「行こ、行こ」と言う彼女に引きずられるようにして、宿を引き払い、バスでガラスの森の美術館」へ。これは、通でなければ知らないコースらしい。私が早くに寝たものだから、しっかりその間に本で調べたと言っていた。宿の人にも確認済み。やること、すばやい。さすが。
 確かに早い。あっというまに、目的地に。


 美術館で見学の前に、アクサセリーを作るコーナーに寄っててみることに。フュージョンアートとかいって、熱でとかして、模様を作るもの。彼女は、バラのキーホルダー、私は、オリジナルのイヤリングを作ることに。
 お店の人に言われた通り、自分の好みの形に、材料をおいて、のりでくっつけていくだけ。で、後は、そのままお店の人に渡して、帰りにもらうだけ。加熱や整形、金具の取付などは、すべて専門の人がやってくれるので、素人でも安心。
 お手軽なので、小学生の女の子でも大丈夫。なにせ、私ができたくらいだから。お値段も2000円弱と、普通のアクセサリーの値段とかわないので、おすすめかも。


 もともとガラスは嫌いじゃないので、古典から現代まで、ガラスの工芸品を堪能してきました。今は、ベネチアングラスの展示会をやっているので、あの時代の美麗なガラス器がいっぱい。もう、うっとり。
 帰りがけに、最初にお願いしたアクセサリーをうけとります。彼女のバラも、なかなかいい感じ。私のイヤリングもちゃんとつけられそうな形にできあがりました。これで、あのお値段なら、納得。また、行きたいな。


 ガラス博物館で美しい気分にひたったあとは、もちろん、おそば屋めざして一直線。
 しかし、この一直線が長い。まずは、バスで桃源郷まで。そこからは、昨日とは逆のコースでロープウェイの終点まで。
 このロープウェイの中で、たまたま一緒になったご家族がにぎやかで楽しかった。なんでも、中の二人が高所恐怖症だとかで、もう、大騒ぎ。「ダメだ。降りる」「もう、死んじゃう」なんて、大げさだと思うかもしれないけど、私もそれほどではないけど、高いところは、得意じゃないので、よくわかる。苦手なものは、苦手なんだよ。途中で降りるのかなと思ったんだけど、がんばって終点まで乗っていました。なんか、この騒ぎで、途中、ちっとも退屈しなかった。天気はいまひとつで、富士山は見えなかったけど、かわりに、車内が賑やかだったから。


 ロープウェイの終点からは、また昨日とは逆むきに、ケーブルカー。乗る前にだいぶ、時間があったので、ずっと見てたんだけど、ケーブルカーって、本当にケーブルで動いているんだよね。だって、ケーブルカーが動くとケーブルが動くの。止まるとケーブルカーも止まる。へえっ。と、小学生と一緒になって、感心していました。
 そうこうしているうちに、ケーブルカーが来て、それに乗り込んで、おそばの目的地、ケーブルカーの終点の強羅へ。


 強羅のお蕎麦屋さん。駅の近くのはずなのに、どうも地図に載ってなくて、反対側を捜してしまいました。でも、駅のまわりをぐるりと回ったその結果、なんと、昨日行ったかつ煮の店の方角。なんだ、最初から、昨日と同じ側に行けばよかったんだ。
 と、店の前についたとたん、ガーン。まだ大丈夫とは思ったものの、お店の前にある待合い所やその横の椅子どころか、そのまわりにも人がいっぱい。駐車場のとこまで行列が続いています。う〜ん、さずかに人気店。あなどれない。


 喜楽荘の名物は、手打ちそば。大根おろしで食べるおしぼりせいろで、これが人気のメニュー。とろこが、彼女は、別のを注文するというからびっくり。なんでも、雑誌に紹介されていた箱根御前がお薦めだという。その本を見ると、たしかに、そのセットは、お買い得。人気のおしぼりせいろもついているし、天ぷらに、そば焼き味噌、デザートまでついてくる。いいねぇ、それにしようと相談しながら、店の前のノートに記入して順番を待つ。
 でも、さずかに蕎麦屋。そんなにねばるお客さんはいないらしくて、何時間もまったりはせずにすみました。


 いざ、店内にはいったら、店の主人が、オーダーをとりにきてくれて、説明。彼女の一押しのセットメニューがやはりお薦めということで、文句なしにそれを注文。待つ間に、蕎麦で作ったビールをたのむことに。
 でも、1本。後で、ビールは地ビールの店に行くので、ここでは、それだけしにときました。けどね。暑い中、待ったので、おいしんだ、これが。そば焼き味噌とあうったらない。これは日本酒にもあうね、きっと。
 おろしそば、ちゃんと食べ方があるということで、店の人が各テーブルに説明にきてくれます。大根おろしでそのままたべるのが一番いいんだとか。これで辛い人は、なんと、味噌をいれて食べます。これも、またかわっていて、おもしろい。つゆは、一応ついてきますが、これはこのどちらもがダメな人だけ。辛いのが苦手な人用だとのこと。


 今日の大根は辛いですから、お気をつけて。なんて、言われたので、覚悟して食べ始めたんですが、ちっとも辛くない。部位によるかのなぁ。彼女も全然なんともないと、言っていしまたが、前に座った女性の2人組は、辛いを連発。個人差もあるのかも。そのまま大根おろしでもおいしいけど、味噌をいれると、また味がかわって、おもしろい。これは、皆、並んで食べるかも。
 食べている間も、窓の外の行列は、とぎれることなく、ずっと続いていました。あんなに待ってるじゃ、そうそうゆっくりはしていられません。最後にお茶をいただくと、早々に席を立ちました。


 強羅からは、登山電車で箱根湯本へ。箱根湯本では、おみやげ物の仕入。私は地元ですが、なにせ彼女は大阪からの遠征。あちこちにお土産が必要とかで、温泉饅頭の品定め。ここの、温泉饅頭、とっても種類が多いんです。有名なお饅頭、昔からの、新作と各種あるので、食べ比べても楽しそう。実際、お店では、試食させてくれます。でも、食べると買いたくなっちゃうから危険なのよね。


 お土産は、かしこく宅急便で配送して、最後の目的地、風祭へ。風祭は、小田原と箱根湯本の間にある小さな駅。なんと、車輌の1つしかドアがあかないので、乗るときにはご注意を。そんな小さな駅なのに、皆が降りる。そのわけは、ここには、かまぼこ博物館とビール蔵があるから。
 駅から、ちょっと行くと、かまぼこ屋さんがあって、そこに博物館があります。申し込むと、手作りのかまぼこも作れます。一度、トライしてみたいかも。で、そこには、なんと、かまぼこグッズもあれこれあります。私は、ここで、お土産にケシゴムを買いました。かまぼこケシゴム、これがかわいいの。紅白のかまぼこの形。また、ゴムの風合いがかまぼこにぴったりなんだ。


 近くには、もちろん、かまぼこ屋さんがあって、そこで彼女は、かまぼこも宅急便に。
 超高級から、変わり種まで、各種そろってますが、おもろしいのが、季節もの。この季節は、七夕のかまぼこが売ってました。織り姫や彦星のかまぼこがあるの。お人形のようで、食べるのがおしいかも。あと、天の川のかまぼこは、これだけで食卓が豪華になりそうなもの。とっても、きれい。食べちゃうの、もったいないな。


 買い物の後は、念願の地ビールの店に。鎌倉の地ビールを飲ませてくれるのは、かまぼこ屋の向かい側にあるビール蔵。ここは、かまぼこ屋の直営店で、あげたてのかまぼこをつまみに、ビールを飲ませてくれます。これがおいしい。
 とにかく、ここに行ったら、かまぼこの類は、ハズレがありません。そりゃ、そうです。その場で作ってるんだもん。お店の端にコーナーがあって、自分の好きなものを注文して、あげてもらいます。大人数なら、盛り合わせを注文してもいいかも。私達は、二人なのに、盛り合わせをたのんで、飲んだくれてました。


 いやぁ、やっぱり、最後は宴会モードでしめないのとね。新幹線の止まる小田原へは、電車でも、車でもすぐ。時間ぎりぎりまで、安心して飲んでいられます。
 しかし、まあ、よく食べた旅でした。こんだけ、限定品を効率良くゲットした旅行は、私もはじめて。楽しかったぁ。また、行きたいねと彼女とは話をしているところです。


「あれこれ」目次



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)