箱根でサンドイッチ

富士屋ホテル
ビコット

  

 また、そこかい。
と言われそうですが、また箱根です。


 だって、好きなんだもん。近いし、おいしいものいっぱいあるし、乗り物もいろんなのがあるし。と友達に言ったら、「子供だよ、それじゃ」と言われました。が、子供からお年寄りまで、温泉に食事に、ゴルフにプールに、誰もが楽しめるのが、箱根のいいところ。なにせ、国の肝いりで作られた観光地なので、設備は整っています。体力のない人でも、乗り物が充実しているので、それなりに楽しめる。私のような、根性ナシには、いい観光地なんですよ。
なにせ、近い。東京からでも1時間ちょっと。それでリゾート気分を味わえるんだから、人気のあるのもうなずけます。

 夏休みの計画がたたず、遠出を断念した友人と箱根で一泊することにしました。もちろん、今回も目当ては、温泉と食事。ただし、今回のお目当ては、パンです。
 実は、前回、箱根に行ったという話をしたら、ある方から「箱根に行くなら、それはそれはおいしいサンドイッチがあるんだよ」という情報を聞いたのでした。なんでも、クロワッサンのサンドイッチなんだそうで、その方も奥様も大のお気に入り。箱根に行くときはに、必ず立ち寄るのだそうです。
 話を聞くだけで、おいしそうで、今回は、このサンドイッチを目当てにでかけてきました。


 このサンドイッチ、あの富士屋ホテルのラウンジで食べられます。宮ノ下にある方の本家の富士屋ホテルです。一度は泊まってみたいのですが、なかなか機会がなくて。どうしても温泉となると部屋食の旅館に泊まってしまいますが、今度はぜひここに泊まってみたい。古い貴重な建築物。建築史的にも貴重なものなんですって。
 朝一で出発して、まずは、こちらへ。ラウンジは、ガラス張りで、池の鯉が見られます。皆さん、優雅に朝のティータイム。我々は、お目当てのサンドイッチを頼むことしました。これ、意外に種類があるんです。私が頼んだのは、アスパラとトマトのサンドイッチ、これに紅茶でセットにできます。あと、これもお勧めと情報を得たプリンも追加。朝から、カロリーを気にせずにガンガンいってみました。友人もそれに便乗。


 正直、これほどとは思っていませんでした。おいしいとは思ってましたが、この情報をくれた方に感謝しなくては。今までで食べた中で、最もおいしいクロワッサンのサンドイッチです。もう、ピカイチ。あぁ、おかわりしたい、と思いましたが、今から食べ歩き、涙をのんで、明日、もう一度来ることにしましした。お勧めのプリンもしっかりした本物。建物も本物なら、食べ物もほんものです。料理でも定評のあるホテルですが、レストランだけでなく、ラウンジもあなどれないんですね。いや、いい勉強になりました。


 サンドイッチですっかり幸福な気分になって、そのまま川辺光栄堂に。開店を待って、鉱泉煎餅をゲット。7個買ってんですが、「お昼からじゃ、その数は無理よねぇ。よかったわ、今来てもらって」と言われました。売り切れ必須の店なので、こんな数は、この時間をのがしたら、売ってはもらえまい。そう思って来たのですが、正解でした。あぁ、これで、お土産は安心。夜食用のパンを渡辺ベーカリーで用意。荷物は強羅のロッカーにあずけて、さあ、これから箱根を一回り。


 ケーブルカーとローブウェイを乗り継いで、まず大涌谷で長生きの秘訣、黒たまごをビールでいただきます。眺めのいい、ここでは、外で食べるのが楽しい。二人で並んで、玉子をむきむき。1個にしとこうとおもったけど、やっぱり2個は食べちゃいますね。あとの1個は、明日の朝。6個で500円は、良心的なお値段ですよね。ほんものはここでしか、買えませんので、要チェック。


 海賊船に乗り込み、降りたのは、元箱根。ここであるものをたべたかったのですが、売り切れ。う〜ん、残念。でも、店の対応が悪くて、ちょっとムッとしてしまいました。気を取り直して、バスで甘酒茶屋へ。実は、ここの甘酒、一度、飲もう、飲もうと思いつつ、一度も飲んだことがなかったのでした。
 甘酒って、こんなにおいしかったけ。まさかのおいしさ。これは、もっと早くくるべきだったと後悔するおいしさ。身体をしんからあっためてくれるような感じです。でも、汗がダラダラでてくるという感じではないの。暑い時には、熱い甘酒。昔の人の知恵は馬鹿にはできません。一緒にいただく、お餅類もいけてます。


 ここからは、今回のチャレンジコース。箱根旧街道を歩いて見晴茶屋に行こうといいうんです。ガイドブックによれば、なだらかな坂道。
 とろこが、いざ、歩いてみると、そうそう甘くない。朝方、降った雨なのか。つるつるすべりそうになって、怖いのなんの。しかも、観光コースのはずなのに、出会ったのは、反対側から来たカップルが一組だけ。うぅん。皆、こういう歩くコースは嫌いなのか。それもと、わずかな雨でも、日のささないこの当たりの岩場は危ないという知識があったのか。
 しかし、歩き通して、見晴らし茶屋についたときの達成感は、なかなかのもの。歩いて損したと言う気分はありませんでした。たまには、運動もしないとね。
 しかも、この見晴茶屋、とろろそばが名物とはきいていましたが、そんなに期待はしていませんでした。でも、一応、これとおにぎりを注文。ところが、これが、びっくり。おいしいんですよ。暖かいおそばなんですが、これがいける。しかも、おにぎりには、たっぷりのつけものが2皿もついてきて、おまけにデザートに杏仁豆腐までサービスしてくれる。もう、ちょっと感動ものの、茶屋だったのでした。あぁ、もう一度、あれが食べられるのなら、あの道を歩く価値はある。ぜひ、再チャンレンジを。


 そろそろ夕食の前に宿で一風呂あびたいと、また船とロープウェイをのりついで、宿に。今回、泊まったのは、箱根では珍しいにごり湯の宿、早雲山駅の山田家。いいんですよ。なにせ、朝も夜も部屋食です。温泉にきたら、このサービスは、欠かせない。でも、朝は食堂のとこが多いんですよね、最近は。でも、ここは両方、部屋食。生ものがダメな私は予約の時に、それはぬいてと注文してあります。そういう細かな注文にも応じてくれて親切なお宿。しかも、寄せ木細工のお風呂とか、露天風呂など、お風呂の種類も豊富。さっぱりとした後は、念願のお食事。
 サービスの日本酒のあとは、やっぱり私はビール。次々とでてくる料理ほたいらげていったけれど、最期は、もうかなり満腹に。あぁ、しわあせ。


 朝食もたっぷりといただいて、宿を後にし、またもや、クロワッサンサンドを食べに富士屋ホテルへ。もう、お気に入りです。だって、おいしいんだもん。
 気に入ったパンを買うために、そのすぐそばのピコットに行くと、長い行列。もしも、気に入りのパンが富士屋ホテルにおいてあるものならば、パン屋に並ぶより、ホテルの中でお買い物するのもかしこい方法かも。ただ、そうすると、ケーキが買えないのよねぇ。それが、難点。
 パンをかかえて、今度は植物園へバスで移動。そう、たべばかりではなく、たまには、ためになることもしようと、植物園を見に行ったのでした。でも見たのは、食虫植物展。どうしても、食べることから離れられない我々でした。


 また、少しおなかがすいたので、そろそろ湯本に移動。途中下車して、銭洗弁天で、お札を洗って縁起をかつぎ、今日の夜食の鯛めしをゲット。塔の沢から湯本まで歩いて、湯本ではちもとで湯もちを買います。よかった、今日はまだ売り切れていない。安心して、昼を食べるべく、知客茶屋に行ったんですが、残念、間に合いませんでした。
 仕方ありません。そのまま、電車にのり、隣で下車。風祭のビール蔵で、今度の旅のしめくくりをしたのでした。
 いや、ここのかまぼこ類は、さすがにおいしい。そりゃ、そうです。かまぼこの直営店だもの。ビールを飲んで、かまぼこ食べて、すっかり満腹。
 体重のこともすっかり忘れて、やはり食べまくった夏の箱根だったのでした。


「あれこれ」目次



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)