初夢 

みなさん、どんな初夢をごらんになりましたか?
21世紀最初の初夢ですから、ドーンと、景気よく、かっこよく、
と、思ったんですが、なかなかうまくいきませんねぇ。(^_^;)

*登場する口の悪い友人は、京極夏彦がお好きな方は、京極堂を、ご存じでない方は、あなたの側にもきっといる屁理屈で詭弁家の友人をイメージしてお読みください。

  

 私は、悩んでいた。

 ナイフを手に。

 ケーキを前に。

 どうしたものかと考えていたのだ。

 友人の家で開かれたホームパーティー、ケーキを担当するのはいいけれど、切り分けるのは、苦手なのだ。まさか大の大人がケーキで喧嘩はしないだろうが、なにしろ、今日集まっている連中は、文句が多い。きちんと切り分けなければ、何を言われるかわからない。大きいの、小さいの。そんなことも満足に出来ないのかと文句を言われるにきまっている。それに、昔から「食い物の恨みは恐ろしい」というではないか。

 6等分ねえ。私は困り切っていた。もともと器用なたちではない。四角いケーキならそれでも少しは簡単だろう。丸くても何の飾りもないアップルパイやチーズケーキならなんとかなるかもしれない。ところが、このケーキは、よりにもよって、まんまるのホールケーキ、しかも生クリームこてこてのデコレーションときているのだ。生クリームのせいで、実際にケーキの上にナイフを置いて様子をみるということもできない。そんなことをしたら、デコレーションがぐちゃぐちゃになってしまう。

 いつまでたってもケーキを持ってこない私にいらだって、よりにもよって最も口の悪い友人が、キッチンへやってきた。

「いったい、いつまで待たせるんだ。ケーキ一つ、満足に切り分けられんのかね、君は。」
「そんなこと言われたって。」
 にぎりしめていたナイフをさっさととりあげ、彼はそのナイフを振り上げた。
「よく見ておきたまえ。これは円だ。これを等分に切り分けるのに、あれこれ悩んでいたようだがね。ほら、この通り、まず2つに切る。」あざやかに、ケーキは2つに切り分けられた。「中心を通る直線は、円を必ず2等分する。」
「あっ、そうかぁ。」
 私は思わず手をうった。
 大いに感心した私にむけられた目は、しかし、ひややかだった。
「君は、いったい何のために学校に通ったんだ。」
「別にケーキを切るために学校に行ったわけじゃ……」
「当たり前だ。」
 今度はピシッと言われて、首をすくめる。もう何も言わない方がよさそうだ。
 「物事をいたずらに複雑にするのは、君の悪い癖だな。複数の問題を一度に解決できるほどいい頭でないのなら、一つずつ解決していっちゃどうだい。ほら、このように。」
 彼は、縦方向に2分の1づつ切られたケーキをさらに横の方向にナイフ入れ、さらにそのひとつずつが2分の一となるように、切り分けていく。ケーキはまたたくまに等分されていった。
 まるで、魔法のようだ。私は、目の前で切り分けられているケーキをただ感心してみつめていただけだった。
「ぼうっとしてないで、これは僕が持っていくから、君はフォークと皿を用意する。先にいくよ。」
「うん。」

 


 と、たぶん、このへんで記憶あやふや。(^_^;)

 でも、目が覚めてから、後から考えるとですね。この方法だと、ケーキは8等分されるんですよ。私は、6等分で悩んでたはずなんですけど。(/_;)

 で、しかも、円を2等分するには、確かに中心を通る直線ならどれでもできるんですが、その後のケーキ4等分するところからは、やはり角度が問題になってくるんです。すでに1回、切っているんですから、そこに直角に交わるように、2回目はナイフをいれる。さらにそれを45度にするように3回目以降は刃をいれなければならい。そうすると、4回目でケーキは8等分されるんですけど。結局、この角度が問題で、丸いケーキというのは、等分が難しいんです。まあ、確かに、最初から45度づつに切り分けるより、このようにケーキをサクサクと4回、角度を考慮しつつ2等分すれば、8等分されるわけですけど。しかし、まあ。私はどんくさいので、どの方法でも難しいんですけどね。(^_^;)

 この後、夢の中でどうなったんでしょうね。6等分しようとしたってことは、6人、人数がいるはずで。もしかして、8切れのケーキをめぐって、この後、ひともんちゃくあったりして。友人に京極堂ばりの詭弁家がいるくらいだから、自分が王様の自己中心タイプ榎木津もどきもいたりして、独り占めしてるとか。(^_^;)う〜ん。どっちにしても、私はどんくさくて、皆にいぢめられる関口先生タイプらしいです。

 わけのわからん初夢でした。でも、大好きな京極シリーズの初夢が見られてラッキーなのかも。(^-^)

   


「あれこれ」目次へ



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)