カレーミュージアム

できましたねぇ。やるとおもってましたよ、どこかが。
ラーメン博物館の二番煎じ。
まさか、また横浜とは思いませんでしたけど。(^_^;)

*横濱カレーミュージアム
 横浜の関内にオープンした世界初のカレーのテーマパーク。場所は、JR関内駅より徒歩2分。イセザキモール沿いのビルの7階〜8階です。

  

 ほの暗い。
 足下を照らすには、十分な明るさだが、それでも不安になるらしい。
「危ないじゃない、ねぇ」
何人もの人がそう言うのを耳にした。確かに、外の明るい世界に比べればいかにも薄暗い。しかし、煌々たる明かりのもとでは、この世界はありえない。まがりなりにも、kariの港がそれらしく見えるのは、この暗さのもとでだからだ。


 もともとそのための建物ではないのだろう。改装して、ビルの7階、8階をミュージアムにしたてらしい。真ん中をぶちぬいて7階と8階をつなぐ小さな階段がある。天井をスクリーンにして、時間ごとに花火が映し出される。レーザーを使って光りが乱舞する様は見物だと言いたいところだが、まあ、それなりのものでしかない。ラーメン博物館の二番煎じに最近アウトレットモールなどで流行のアミューズメントの要素を取り入れ、駅ビルのミニ中華街の中華をカレーに入れ替えてみました、というところ。


 しかし、はやるとは思う。まず、入館料が無料というのがいい。しかも、立地にすぐれている。横浜のJR関内駅から徒歩2分、デパートや有名書店の並ぶイセザキモールに位置しているのだから。これであたらなかったら、ウソだ。カレーはラーメンと並ぶ日本人の好物。カレー店を集めて世界初のカレーミュージアムをうたったところなど。
 なかなか評価できると思うよ、うん。


 というのが、胃袋の意見である。


 40分待ちというスタッフの言葉に動じることもなく、さっさと列の最後尾につくことを決めたのは、胃袋の奴だ。もしかして、もっと並んでない店を探したらという私の意見は一顧だにされなかった。
「平日でこれだけなんだ。休日に来てごらんよ。もっと並ぶ決まっているじゃないか。一番並んでる店に入らなくて、どうするんだ。それに、続々と客を入れてるだろう。この分だと、まごまごしているうちに、どの店も入場制限だよ、賭けてもいいね」
 こういう時に胃袋と賭けをするのは、馬鹿者のすることだ。私は、過去の苦い経験によってそれを学んだ。
「わかったよ。けど、混んでるね。平日だし、開店時間直後だから、もう少しすいてると思ったんだけどなぁ」
「甘いね。開店直後だよ。テレビでも雑誌でもガンガン宣伝されてる。しかも、開店サービスの3日間、週末は雪だったじゃないか」
「そりゃそうだけどね。平日だし、もう少しマシかと期待してたんだけどなぁ」
「だ、か、ら、言ったろ。早めに来ようって」
「そんなこと言ったって、仕事の合間に来てるんだからさ。そうそう、思った通りにはいかないよ。お役所に行ったら、順番待ちだったし………」
「あぁ、もう、うるさいな。とにかく来たんだから、楽しまなきゃ」
 胃袋は、いたってのんきである。
 まあ、仕事をさぼってるわけではない。たまたま、出かけた先がカレーミュージアムの開店した駅のそばだったということで。しかも昼ご飯どきなのだから、何かを食べるなら、カレーでもいいかと思ったというだけのこと。そりゃ、まあ、狙わなかったといえば、ウソになるけれど………
「うるさいな、ぐちぐちと。誰も言い訳なんか、聞いてないよ」
 口にだした訳でもないのに、反論されてしまうのが、辛い。もっとも、胃袋の奴と私が同じ口を使って音声にだして会話しているのを聞いたら、まわりの人がギョッとするに違いない。
 たいていの人間は、胃袋と語り合う習慣がないらしい。驚いたことに。少なくとも、胃袋と会話したという人に今まで会ったことがない。



 残念なことである。おしゃべりの相手がいないとカレーミュージアムではかなり寂しい思いをするだろう。入館に15分待ち、やっとの思いで館内に入り、エレベーターで上へあがっても、カレーの店に入るのに40分待ちである。しかも、これは平日の開店直後の時間でこうなのだ。週末の混雑時のことなど想像したくもない。館内は薄暗く、しかも混んでいる。店の前にディズニーランドのようにロープでしきった区画に並ばされるのだが、これが狭い。屋内のもともと狭い通路に無理に行列させるのだから、満員電車より少しましといったところだ。しかも、照明が暗いので、読書することもできない。携帯のゲーム機や携帯電話なら操作可能かもしれないが、それもなんだかである。時間ごとに繰り返される花火の映像とテープの音声。1回目は面白いが、これが何度もとなると、それほどありがたくもない。自然と、並んでいる人々は連れとのおしゃべりに興じることとなる。


 私と胃袋は、前の声の大きなおばさまがたの家族構成から隣近所の親戚の入院先まで詳細にわたって聞かされることとなった。一人でくるなら、いっそマンウォッチングというのも面白いかもしれない。暗さの効果なのか、明るいところでははばかられるような話題まで、皆、平然と話し出すのが面白い。確かに視界はきかなないかもしれなが、音はいつも通り聞こえているのだ。しかも、他の人との距離は満員電車なみ。一人がこけたら、将棋倒しは間違いない。ふきぬけを渡る廊下の手すりは、そうそう強固なものではないらしく、人がよりかかると、ギシリと音がする。これだけの人数が一斉に体重をかけたらと思うと、ちょっと怖い。しかし、誰も気にしない。他の人間もたよりない手すりも、見えにくいものは、ないのも同じということなのだうろか。


「まあ、人間は情報の7割を視覚にたよってるからね。それが制限されると、容易に錯覚をおこすわけだ。視覚を封じるだけで、情報を半分以下にできる。そこまでしなくとも、光量を落とすだけで、いろんなことができるからね」
「なんか、あぶない話だなぁ」
「まあね。でも、悪いことばかりじゃないからね。錯覚できるというのも能力の一つだし」
 胃袋は、機嫌がいいらしい。饒舌であるのはいつものことだが、今日はあまり意地悪ではいない。こういう時はしゃべらせとくに限る。
 と、思っていたら、前の方がにわかに騒がしくなった。


「残念ですが、チキンカレーは品切れとなりましたので、その他からお選びになり、食券をお買い求めいただきます」
かわいらしいエプロンドレスを来たスタッフが張り付けたような笑顔で説明する。


「あいつ、今、何、言った?」
胃袋の機嫌は一気に零下まで下降する。
「ちょっと、待て。おい」
「私に怒らないでくれよぅ。私だって、並んでたんだからさ。一緒にいたんだから、知ってるじゃないか」
しかし、胃袋の怒りはおさまらない。
「ひどくないか。それ」
「うん」
 そりゃ、ひどい。
 そう思ったのは、私たちだけではなかったらしい。その説明が聞こえたあたりでは、皆いっせいにぶつぶつ言っている。それは、そうだ。チキンカレーがおいしいとパンフレットにも書いてある。その店にチキンカレーを食べに来ているのだ。散々、並ばされて、いざ注文する段になって品切れとはあんまりだ。それなら、最初から断って欲しい。他のカレーが食べたければ、最初から他の店に行ったのだ。もっと並んでいない店にでも。しかもである。これが開店して3時間も4時間もたっているのなら、わかる。人気店では、売り切れは珍しくない。だが、開店して1時間もたっていないのだ。ランチタイムはこれからという時間でメインのメニューが売り切れ。これでは、客が怒っても仕方ない。


 しかし、誰も直接、店に文句を言うものはいない。ここまで並んだのだ。入館に15分、暗い中、パンフレットも見えないような中、店の位置を探すのに、また何分か。そして、ようやく店の前につくや、列の最後尾のロープにとりこまれ、40分待ちの宣告を受ける。そして、40分なんて約束はどこにいったのだという時間にようやく店の前まで来ることができたのだ。これで、「じゃあ、帰る」とはなかなか言いにくい。言いたいが、言えない。これから、また40分、他の店で並ぶのはごめんだ。しかも、40分待てば食べられるという保証はどこにもない。とにかく、何か食べたい。皆、そう思ったのだろう。


「頭、来るよね」
「悪い。ちょっと、今、考えてる」
ぶつぶつ言うと思いきや、胃袋はなにやら思案中らしい。
「よし、決めた」
「なにを」


「では、順番にお進みになり、食券をお買い求めください。チキンカレー以外のメニューからお選びになり、辛さは3段階になっておりまして………」
テープのような決まり文句の説明が続く。これだけ並ばされると、何回も聞くはめになる。いまさら、という気がするが規則なのだろう。それでも、真面目な人は、自分の番になるとうんうんとうなずきながら、聞いている。日本人というのは、従順な種族だというのは、本当らしい。


 券売機は、どこにでもあるタイプで、メニューの数も多くはない。カレーはチキン、チーズ、ポークの3種類。チキンのところには、売り切れの紙が貼り付けてある。後は飲み物など。いたってシンプルである。ただ、カレーの辛さは、それぞれ3段階。量は普通はハーフから選べるようになっている。食べ歩きができるようにと、ハーフサイズを用意したのだろうか。ラーメン博物館にも同じようなサービスがあるが、有益なサービス、賢い選択だろう。ラーメンならともかく、カレーの普通サイズがそう何杯も食べられるとは思えない。


 カウンターの隅っこの券売機の横の席に案内される。もともと作業スペースらしいが、こう混んでいては仕方ないということなのだろう。我々は一向に気にしない。要は食べられればいいのである。
「すみません。お二人様でしたか」
 チケットをとりにきた店の人がたずねた。
「はっ」
「いえ、お連れ様は外に?」
 忙し過ぎて頭がどうかしたんじゃ、と思ったが、違った。彼の視線の先には、食券がある。なるとほど、そういうことか。
「いや、一人」
 我々は答えた。身体が一つですむのが、我々のいいところだ。
「はっ、でも」
「どっちも普通で」
「お一人?」
「そう」
 話がかみあっていない。飲み込みの悪い店員に丁寧に説明することにした。我々はとっても親切なのだ。
「注文したのはカレーが二皿。チーズもポークも辛さは普通で。サイズは両方ハーフだから、よろしくね」
 もちろん笑顔も忘れない。サービスを受ける側にもマナーあり、である。


 運ばれてきたカレーは、ハーフサイズより少な目にみえた。これなら、ハーフにする必要はなかったもかれない。普通サイズでもよかったのかも。
 なにしろ、チキンカレーを食べそこなったのだ。1種類のカレーで我慢できるものか。
 これは、胃袋と私の一致した意見である。


 水はこない。
 スプーンはない。
 それからも幾多の困難を乗り越え、それでも、その組の誰よりも早く、我々はカレーを食べ終えた
 さすがに味は悪くない。これでまずければ、あばれたいところだが、さすがにそんなことはない。チーズカレーなど、口当たりがマイルドで、もっと食べたい感じ。ポークも悪くない。香辛料のピリピリで好き嫌いが分かれるだろうが、これもおいしい。そうなると、評判のチキンカレーを逃したのが、痛い。残念である。


「ごちそうさまでした」
 一礼して店でる。
 我々はリベンジを誓った。
 次回こそは、チキンカレーだ。



 


「あれこれ」目次へ



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)