期間限定

なぜかしら、心ひかれるこの言葉
ついつい、食べてしまうんですよねぇ(^_^;)

  


「大変です。大変なんです」
チラシを振り上げて彼女が叫ぶ。
 時代劇のみならず、ニュースはたいてい、このセリフでやってくるものらしい。
「知ってました?シナボンで何か新しいシナモンロール発売するらしいですよ。しかも、これって期間限定。大変ですよ、早く行かなきゃ」
 食べ物関係のニュースがこういう形でやってくるはの、八兵衛以来のお約束事というやつなのか。


 うぅむ。しかし、確かに大変だ。
 限定と聞いたからには、ほってはおけまい。


 とにかく、私は限定物に弱い。食べ物に限らず、弱い。要りもしないしないのに、「限定」と名がついたばかりに買ってしまって失敗した物がどれだけあることか。特に、旅先で、地域限定とか言われると、ついつい買う。アタリもあるが、たいていはハズレだ。わかっていても、「また来られるかわかんないし」と貧乏根性でついつい買う。学習機能が働かないので、失敗ばかりだ。


 地域限定だけてなく、期間限定のものにも弱い。この日限りとか、3日間のみとか、今月限りとか、とにかく限定発売となると、見てみたくなる。で、出かける。見れば欲しくなる。で、買う。思考力のかけらもない。
 さすがに他の商品は、旅先でない分、思考力が働らくので、そうそう無茶な買い物はないが、食品となると別だ。非常に高価なものなら、いくら限定となっていてもはなからあきらめるが、食品の場合、しかもテイクアウトできるようなものは、高価といってもたかがしれている。無理ずれば買えない値段でない。そうなると、歯止めが利かない。店側の思う壺だ。


 だが、わかっていてもやめられない。期間限定のニュースを聞くと、もう、いてもたってもいられない。
 いつ、行けるかな。どうやって行こうかな。
 もう、買うことや食べに行くことを前提で頭が働く。選択肢の中に、そもそも「行かない」とか「買わない」というものが含まれていない。その時点で、すでに敵の術中にはまっている。どっぶりと。
 我ながら馬鹿である。こんな客ばかりなら、商売は楽だろうと思う。


 しかし、私ばかりでなく、「限定」の文字には皆、弱いらしい。「期間限定」は特に女心をくすぐるようだ。食べ物ばかりではない。「この春の新色」だの「今シーズン限定のオリジナルカラー」なんてものには、つい惹かれてましう。美人モデルと自分との違いは棚の奥の方に上げてしまって、買い込んでみたりする。無論、うまくいくはずがない。が、まあ、ああいうものは夢を買うんだから、それでいいのだ。
 食べ物の場合も同様なのだろう。あんまり、期間限定で「これは、スゴイ」というものに出会うことはない。たいていの場合、「ふ〜ん、こんなのもあるのね」とか「へえっ、面白い事、やるよね」 という程度だ。目先を変えて、素材を買えて、調理法を買えて、ちょと目新しくしてみました、そういう物が多い。まあ、店側としては、爆発的ヒットにでもなれば、定番商品にすればいいし、そうでなければ、期間限定の物珍しさでお客さんの興味がひければ、それでいいということなのだろう。


 買う側や食べる側も、正直な話、期間限定商品に、そんなに過大な期待はしていない。「どんなのか、ワクワクするよね」とは言うものの、世紀の大ヒット商品を期待しているわけではない。どちらかというと、ああいうものは、話題性を買うという感じなんだと思う。
 「ねぇ、**の○○って、もう食べてみた?」
 「うん、このあいだ、行ってみた。もう混んでてさ、並んじゃって大変」
 なんて会話をしたいがために、食べに行くのだ。もちろん、それだけじゃないけど、そういうのも、食べに行く理由の中には多分に含まれている。
 が、別にそれが悪いというわけじゃないだろう。話題性というのも、重要な要素だと思う。


 食べ物に季節感がなくなったとよく言われる。栽培技術や保存の技術、また輸入などによって、今はその季節でなければ手に入らないという食材はほとんどない。もちろん、味や質の問題はあるが、それを抜きにすれば、いつでも、何でも食べられるわけだ。そのために、人間はハウス栽培やら冷凍やら空輸やら、いろんな技術を開発してきた。その目標は、ほぼ達成されたといっていい。
 しかし、こうなると贅沢なもので、今度は「いつでも、どこでも食べられるものは、つまらない」なんてことを人間は考えるものらしい。もちろん、味的に、旬のものをその場で食べるのには、かなうわけはないのだがけれど。そういう問題とは別に、「いつでもどこでもは、食べられないもの」が欲しくなる。
 期間限定といのうのは、言ってみれば、その不自由さが売りなんだろう。その期間しか食べられない。旬というのを人工的に作ってしまったのだ。


 そう考えると、期間限定の品に飛びつく私は、旬のわかる女ってことよね。
 なんて、都合のいいことを言ったりして。単に店の思惑に踊らされてるだけなんだけど、本当は。


 屁理屈を並べてたみたものの、やはり、期間限定には弱い。
 テレビだろうと、雑誌だろうと、チラシだろうと、この文字を見ると飛びついてしまう。
 この間、期間限定の牛どんチェーンの安売りを逃した時は、歯噛みするほど悔しかった。これなど、別に料金が安くなっていただけで、商品的には、いつものものと変わったものが提供されていたわけではないらしいが、それでも、期間限定商品を知っていながら逃したショックは結構、大きかった。


 期間限定と聞くと、とにかく「食べなければ」と使命感に燃える。これは、どういうもんなんでしょうねぇ。やはり、旬のわかる女ってことなんでしょうか。それとも、単に宣伝に踊らされる馬鹿ってことなんでしょうか。


 シナボンの期間限定商品は、アップルボン。これは、なかなかいけてました。販売終了前に、もう一度くらいは、ゲットしたいと思っております。


 皆さんは「期間限定」に心を動かされるタイプですか。ご意見、お待ちしてます。



「あれこれ」目次へ



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)