気になる彼

いつものお店の小さな謎
まさか、そんなこととは、おもわないから(^_^;)

  


「私、彼のことが気になるんです」


 どうします。そんなこと言われたら。


「なんか、気になって、気になって。この間、この店にきた後は、夢にまでみちゃいました」


 私は、あせっちゃいましたよ。
 だって、そうでしょう。年若い新妻が言ってるんですよ。旦那がいるんですよ。まさか、「あら、結構ね。不倫は文化よ」なんて言うわけにもいきません。
 テレビドラマや映画なら、面白そうなお話ですが。いきつけのお店で、隣に座った後輩からうち明けられてごらんなさい。ちょっと、びびってしまいます。


 いや、気になってるのは知ってたんです。この店にくるたびに、彼女の視線が彼を追っていたのは知っていました。見ないようで、見ています。だてに年はくっちゃいません。
 まあ、好みにもよりますが、いい男だと思います、私も。というのは、とっても親切だし、気持ちのいいサービスをしてくれるから。お酒にも詳しいし。食事やお酒をサービスしてくれる黒服の男の人、格好いいですよねぇ。なぜか黒服の男というのは、普通の服の男の2割は男前があがるんだそうです。
 そういうものかもしれません。気持ちはわかる。


 しかし、気持ちがわかるのと、これとは別。視線で彼の姿を追うのは自由だけれど。でも、こんな場所でそんな話をされても。
 結婚式にも出席したし。あなたの旦那様も知ってるのよ私。どうすればいいのよ。あせる私の気持ちを知ってか、知らずか、彼女は、さらにこんなことも。
「どうしよう、言ったほうがいいかな」
ええっ。心の中で叫びました。なんて言えば、いいのよ、私。
 ここは、良識ある大人として、止めるべきなのだろろうか。それとも、もう大人の彼女がそう言うのなら、せめて先輩として「大人のおつきあいになさいね」と釘をさしておくべきなのか。
なのに、なのに。
「早く言えばいいんですよねぇ」
飲み込んだワインを吹き出してしまいそうなことを、私の前に座っているもう一人の後輩は言い出す。
「ちょっ、ちょっと……」
「もう、前から言ってるんでよ。チャッチャと言ってしまうえばいいんですよ、じれったい」
 そりゃ、江戸っ子の彼女の性格なら、そうでしょうが。そう言う問題か、これは。独身女性と独身男性ならいいぞ。そりゃ、私も止めない。成るか成らぬか、やってみなければわからない。今の時代、女性から告白するのは、はしたないなどと言うつもりはない。しかし、相手はともかく、彼女は人妻だぞ、しかも新婚だ。まずいんじゃないか、それは。いくらなんでも。
「そんなこと、言えませんよね、先輩」
人妻は言う。
うん。そりゃ、もっともだ。言いたくても言えない。それが当たり前だ。そんな、いくら世の中、最近はさばけているとはいっても、人妻が他の男性にそんなことを、ねぇ。それは、やはり、ちょっとまずいでしょう。
「言っちゃえばいいのに」
 おいおい、せっかく友人が思いとどまろうとしているのに、この娘は。
 モデル並の身長と美貌。どうして普通のOLをしているのかと、誰もが不思議がる彼女は、性格は江戸っ子で男前。まあ、実にさはさばしていて、気持ちがいい。いい娘なんだが、しかし、世の中には、ストレートに言っちゃいけないこともあるだろう。
「うぅん、やっぱりぃ。言った方がいいのかなぁ」
 また、人に言われりゃ、すぐにその気になる人妻も困りものだ。
 私は、間に入って頭をかかえる。
 きっと世界は、私の知らないうちに動いているのだろう。もう、世の中、そういうものかもしれない。そうだ。私は、きっと知らないうちに、世の流れから取り残されたに違いない。
「そう思うでしょ、先輩」
「先輩もそう思いますか」
同意を求める二人に、私は、「うぅん」とうなった。


「なに、うなってるんです」
「ワイン、気に入りませんでした?」
お気楽娘達は、勝手なことを言う。
だが、こんな問題に、どうコメントしろというのだ。ボトルは2本目、だいぶ酒もまわっているというのに。


「聞けばいいじゃん、同級生でしたかって」
「ええっ、違ったら恥ずかしいもん、ヤダ」
「そんなこと言ってたら、ずっとわかんないでしょ。私までイライラするじゃない」
「だって」
「いいわよ、じゃあ、私が、聞いたげる」
「やめてよ。そんなことするくらないら、私が聞くわよ」
「だから、最初からさっさときいて、って言ってるじゃない。ねぇ、先輩。先輩もそう思いますよね」
「はぁっ」
今度は、間の抜けた声をだしてしまつた。どうも、話の展開がおかしい。
「同級生なの?」
人妻に尋ねる。
「それが、わかんないです。すっごく似てる気がするんですけど。ほら、もう何年もたってるし。同じクラスってわけでもなかったし」
「へっ」
「友達の友達にそっくりなんです。一緒に遊んだけど、直接知ってたわけじゃないし、そう親しくもなかったけど。でも、似てるのよねぇ」
また、人妻は、黒服の彼の後を目で追う。
「同級生かどうか悩んでたの」
確認すると、こくりと人妻はうなずく。
おいおい、そんなことで夢にまで見て悩んでたのか。
「ねっ、先輩、馬鹿みたいでしょ。さっさと聞けばいいのよ。ほら、今、呼んであげるから」


 結局の話、江戸っ子の彼女の押しで人妻が彼に確認した結果、なんと、その彼は、やはり同級生であることが判明したのでした。うぅん、なんたる、偶然。
 二人とも直接、相手を知らなかったものの、共通の友人とは今もつきあいがあること、その友人も今度結婚することなど、ひさびさに懐かしいニュースを交換しあった模様。よかった、よかった。しかも、次に予約の際に彼を通すと、サービスしてくれるという約束までとりつけたのでした。


 うぅん、一時はどうなるかと思いましたが。まあ、「終わり良ければ、すべて良し」ってことでしょうかね。

 


「あれこれ」目次



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)