マイスターからの伝言


そう言われちゃ仕方ない

  

 まったく、ついてる時は、ついている。私も胃袋もほくほく顔で、意気揚々とデバートを引き上げた。まあ、こんな日もなきゃね。たまはに、ついている日もなきゃいけない。
 仕事帰り、乗換駅で屋上からの横断幕を見かけた。てっきり終わったとあきらめていたうまいもの大会が、なんと、今日が最終日。時計をみると、まだ間に合いそうだ。




 いさんで行ってみると、一度食べてみたかった果物茶巾がまだ手に入った。気をよくして別の店であなご寿司を手に入れ、そこで本物のバッテラなるものもゲット。まったく、今日はついている。そう思って帰ろうとして、もう一度、もらったチラシを見直してみると、お菓子売場でも催し物をやっているという。



「こりゃ、寄らない訳にはくいまいよ」
「そりゃ、そうだ」
 胃袋と私、こういうとこでは、まったく気があう。
 何でも、ユーハイムの開店何周年かのイベントということで、そこのいつもは売っていない、マイスターバームクーヘンやお菓子コンクールで受賞したケーキを限定発売しているという。
 すでに、寿司折を3つもかかえていたのだが、そう聞いて、お菓子売場を素通りしては、失礼というものだろう。私は、ここのフランクフルタークランツが大のお気に入りなのだ。何周年かのイベントということであれば、いつものおいしいお菓子に感謝して、その限定品をゲットしなくては。



 マイスターが勢揃い。そううたってあるだけてあって、小さな特設会場だが、店員さんがいっぱいいる。もちろん、お客さんもいっぱいだ。ケーキは実演販売らしくて、ガラス越しに、ケーキ職人の手さばきをみることができた。私たは、しばらく、それをながめていた。
「やはり、ああいうのは、芸術だね」
「君もたまには、いいこと言うね」
 胃袋が素直に私を褒めるのは、めったにいない。きっと奴も機嫌がよかったんだろう。
 それも、そのはず。受賞ケーキは、もちろんとして、マイスターバームクーヘン、そして焼き菓子まで箱詰めしてもらったのだ。



 いや、この焼き菓子がまた、おいしそうなのだ。普段は、この売場では取扱がない商品。私は、もちろん、生クリームをつかったケーキも嫌いではないが、この焼き菓子系のお菓子にも目がない。
 クグロフなどは、目がつくと、買い求めてしまう。素朴な味がいいじゃないか。また、ここのは、上品ぶって小さすぎたりしはない。たっぷりした量がホームメイド感覚でまたいい。両手に袋をかかえていて、さすがに、買いすぎたかと焼き菓子はあきらめようかと思ったのだ。が、目の前に山とつまれた焼き菓子の前に動けなくなってしまった。



 あぁ、こんなんだったら、会社を休んででも、ここに来るんだったなぁと後悔。うまいもの市とおなじで、お菓子売場のこの催し物も今日が最終日。残念無念だ。
 「おとりしましょうか」
 と店員さんに言われて、あれこれと、焼き菓子も箱詰めにしてもらった。しっとりしたもの、サクッとしたの。焼き菓子もあれこれと種類がある。また、ドイツは、焼き菓子がおいしいんだよね。


「買ったねぇ」
「買った、買った」
胃袋と私は、両手にかかえきれないほどの食料をかかえ、やむをえず、ロマンスカーでご帰還。
 というのは、とても普通電車に乗れる量ではなくなってしまったのだ。しかも、受賞ケーキやマイスターバームクーヘン、本物のバッテラを食べる前にぐしゃぐしゃにしてしまったのでは、死んでも死にきれないではないか。



 早速、ロマンスカーの中で、焼き菓子を一つ、味見。
「うまい」
「いける」
 いや、私も胃袋も2個目を口にするのを我慢するのに、どんだけ気力をふりしぼったことか。
 こんなにおいしいものは、ぜひ、紅茶でも入れてゆっくり味わいたいとおもえばこそ、辛抱できたのだ。あぁ、こんなにおいしいのなら、なんで、もっと早くにこの催しを知っていなかったのだろう。無理してでも、通ったのに。いやいや、いかにも、おしい。



 帰って、そそくさとお湯をわかし、飲み物をスタンバインさせてから、早速、食事からとりかかる。
 寿司は3点、果物茶巾と普通の茶巾のセット、穴子寿司と太巻きのセット、バッテラの以上3折。
 お店の方が自慢されている通り、これは、どれも結構なお味でした。特に、このバッテラ。本店でも、だしていないといのが、残念に思われるほどの味。はっきりいって、今まで一番、いけてるバッテラだったかも。江戸前のお魚を使用しているとか、いないとか。しまった。はっきり聞いてくるんだった。魚の名前を忘れてしまったのが、残念。


 そして、いよいよお菓子に突入。まずは、じっくりと、受賞のケーキを。アンブローズというチョコをつかったケーキ。ねっとりとした食感が大人の味。なんで、普段に売ってくれないのかなぁ。お値段は、高めだけれど、それだけの価値はある一品。また、いつか味わってみたい。
 ここまで、食べて、ほっと一息。
「いや、お寿司って、意外に量があるね」
「そりゃ、一人で三折も食べりゃね」
 胃袋は冷静にのたまうが、おまかが食べたんだ、おまえが。
 と思ったが、そこは大人の私、というか、満腹しておおらかな気分なので、さからわないことにした。
「さすがに、焼き菓子は明日かなぁ」
「そうしようか」
珍しく、胃袋が同意したので、箱を閉じて冷蔵庫にしまおうとして気が付いた。



 焼き菓子の箱に白いシールが。
 「焼きたてををご賞味いただきたく、本日中にお召し上がりくださいませ。」そして、焼き菓子のマイスターの名前が記されている。
 そうだった。今回のイベント、それぞれお菓子をその部門でマイスターの認定を受けた職人さんが、作ってくれているんだった。
 さあ、どうするか。この焼き菓子、ロマンスカーの中で食べたが、さすがにおいしかった。マイスターが作ったと言われれば、なるほど、それでか、という味なのだ。
 やはり、焼き菓子も、焼きたてが一番、おいしいのだろう。それは、もう、言われるまでもなく納得できる。マイスターが自信をもって焼いたお菓子、明日まで延ばしていいものか。



「食べよう」
「えらい」
 胃袋は一も二もなく賛成する。
「ここで、たべないようでは、男がすたるぞ」
「そうだ、そうだ」
 まあ、男じゃないんだけど。が、そんなことは、どうでもいい。
 敵に背を向けぬ胃袋と我々が言われたのは、すでに過去のことだ。もう、それほどの大食いはできなくなってしまった。餃子であれば、せいぜい100個程度でいいとこだろう。テレビの特番をみると残念に思うこともある。が、現役を退いたとはいえ、ここまで言われて、箱をしまうことができようか。



 紅茶を入れ直して、箱をあける。
 なんだ、そんなにはいってないじゃないか。別に、これから10個も20個も食べようというわけではない。5,6個なら、楽勝だ。
 じっくりと腰を落ち着けて味わう。サクサクにしっとり。すっぱいの、甘いの、あっさりしたの。やはり、いい。この焼き菓子の味、やはり明日では、落ちてしまうのかしもれない。それは、いかにも残念だ。マイスターが今日中にと言われるのなら、今日中に食してしまわねば。



「マイスターにそう言われちゃね」
 胃袋が言う。
 が、その通り。
 マイスターに「今日中にお召し上がり下さい」と言われて、明日までとっておくなんて、ことができるはずがない。
 特に、こんなおいしい焼き菓子を作るマスイスターの言うことであれば、なおさらだ。
 ちょっと食べ過ぎ?
 いや、まあ、たまにはね。
 とにかく、この焼き菓子を食べてみれば、わかるよ。
 とても、明日までとってはおけません。
 だって、食べた後に胃袋と私は思ったもの。
 あぁ、もう1箱、買っておけばよかった。


「あれこれ」目次



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)