真夜中のラーメン

いやぁ、やめられませんね。
わかっているけど、やめられない。
そういうことって、確かにあります。
なんて、言ってるから痩せられないんですね、きっと。(^_^;)

  

「知ってるとも」
 こう答えられることは、めったにない。
 いそいそとセルフサービスの水を給水機から注ぎ、カウタンーの席の前に置くと、座り直した。
 時間帯のせいだろう。店内の客はまばらだ。
「糖分を補給するためだよ」
 自信を持って答える。
 気分がいい。胃袋の質問にいつもたじろぐばかりではないのだ。たまには、こういうこともある。私だって、まんざら馬鹿というわけじゃない。
「へえっ。君にしちゃ、よく覚えてたじゃないか。じゃあ、どうしてその糖分を補給しなきゃいけないかも分かってるよね」
「えっ」
「なんだい。覚えてたのは、答えのその部分だけなのかい」
にやにやして胃袋は言う。が、答えられない。
「『なぜ、飲んだ後にラーメンを食べたくなるのか』という質問の答えは、確かに糖分を補給するためなんだが。その理由がわからず、答えだけ覚えていても仕方ないだろう。」
「でも、間違いじゃない」
「確かに。あってはいるけどね」
 これ以上、いじめられてはかなかわない。私は作戦を変更した。
「じゃあ、どういう理由なのか教えてよ」
へたに逆らうより、教えを請う方が得策だ。

「酒を飲むということは、体内に物質をとりこむということだ。とりこまれる物質な何だい」
「そりゃ、アルコールだよ。」
「そう、アルコールだ。取り込んだアルコールは体内で分解される。この分解酵素の関係で、酒に強いか弱いかがわかれたりするんだ。まあ、今話していることとは直接関係ないから、省くけどね。胃や腸から吸収されたアルコールは、肝臓で分解される」
「はあ、それで酒飲みは、肝臓のことを気にするんだ」
「うん、まあ、そうだ。多量の飲酒は肝硬変の原因になったりするし、アルコールと肝臓の関係は深い。だから、酒飲みは、休肝日と称して酒を飲まない日を作ったりして自衛するわけだ。酒を長く楽しむ知恵だね。身体を壊しては、飲めないわけだから」
「ふうん」
「アルコールは、肝臓でアセドアルデヒドという物質に分解されるんだ。が、これが問題でね」
「アルコールがうまく分解できなかったりするの」
「いや、アルコールをアセドアルデヒドに分解するのは、ほとんどの人が問題なく行える。そうじゃなくて、問題になるのは、分解されてできるアセドアルデヒドの方なんだ。これが、悪酔いや二日酔いの原因なんだよ」
「分解してそんなしょうもないものにするくらなら分解しなきゃいいじゃない」
 胃袋は大げさにため息をついてみせた。

「まったく、何も覚えてないね、君は。アセドアルデヒドは分解の段階で生成される物質なんだ。これをさらに分解するのさ。さっき話した酵素が関係してくるのも、その段階でだ。アセドアルデヒドをさらに分解して無害なものに変えるための酵素の有無が、酒に強いか弱いかを決めるんだ。」
「へえっ」
「ちなみに、この酵素の働きが弱い人間が日本人には多い。まあ、3割から4割ってとこかな。面白いことに、これはモンゴロイド特有の遺伝要素なんだ。白人や黒人には、みられない。」
「ということは、海外に行ったら、無茶な飲み比べはするなってことだね」
「君、そんなことする気なのか」
「しないよ。たとえばの話だよ。それに日本人はアルコールの分解酵素が弱いんじゃしょうがない。やったって勝てないでしょ」
「別に全員が弱いわけじゃない。弱い人が4割程度いるってだけの話さ。ほら、また脱線する。君と話してるとまとまりがなくっていけない」
 自分が脱線したくせに、胃袋は私のせいにする。

「本題に戻るとだね。君が答えだけ覚えていた糖分補給がどこで出てくるかというと、ここなんだ。アルコールを肝臓で分解する時に、必要とされるのが糖分なんだよ。糖分は、分解のために必要なんだ。お酒を飲むと、アルコールを分解するために糖分がどんどん消費されていく。当然、そうなると血糖値が下がる。血糖値の低下を感知した脳は、空腹だと指令をだす。それで炭水化物系のラーメンが食べたくなるというわけだ」
「ふうん。で、ラーメンが炭水化物なのはわかるけど。炭水化物って、必要なのは糖分じゃないの」
「マジで言ってるのか、君。まさかね。冗談だろう。炭水化物ってのは、糖質のことだよ。もちろん、食物繊維などの繊維も含まれるけど、これも糖類には違いない。」
「へえっ、そうなんだぁ。」
「本当に知らなかったのかい。信じられないなぁ。常識だろう。糖質は、さらに果糖のような単糖類、蔗糖に代表される少糖類、でんぷんやグリコーゲンなどの多糖類に分類される」
「なるほど」
「なるほどって。糖質も糖類もわからずに、ラーメンが食べたくなるのは、糖分補給のせいだと答えだけ覚えていても仕方がないだろう」
「うん、でも、ほら。間違いじゃないし。糖分が必要だからラーメンが欲しくなるんでしょ。ラーメンは糖分の原料で、血糖値を上げるために欲しくなると。自然の理ってわけで、当たり前のことなんだ。そうなんだよ。わかったよ」
「おいおい、そこで納得してちゃいけないよ。やっぱり、全然わかってないじゃないか」
「えっ。血糖値が低下して、それで空腹になるんでしょ」
「だからさ。それが間違いなんだよ」
「なんで。今、そう言ったじゃない」
「言ったよ。だけど、考えてごらん。飲む時には、たいてい何かつまみを食べるだろう。そりゃ、食べずに飲む一方の人もいるけど、少なくとも君はそういうタイプじゃない。それどころか、最初からおにぎりを頼んだりして顰蹙をかってるじゃないか」
「なんで、そうなんだろうね。最初からおにぎりを食べてもいいと思うんだけど、皆、止めるよね」
「そりゃ、酒のつまみにはむかいなからだよ」
「そうかな、おいしいじゃない。何が悪いんだか、わかんないよ」
「理由がないわけじゃない。悪いと言えば、悪いのさ。さっきの話を覚えてるだろう。糖分は、アルコールの分解に必要なんだ。おにぎりの糖質は、アルコールをアセドアルデヒドに分解するスピードを高めるんだよ。悪酔いの原因になるね。だから、皆、それを心配して止めてくれてるのさ」
「なんともないけどな」
「だから。アセドアルデヒドをさらに無害な物質に分解するスピードが、悪酔いの素のアセドアルデヒドの生成のスビードに負けなけりゃ、問題はなんいだよ。まあ、ないわけじゃないが、そう悪酔いしたりはしない」
「そうか。悪酔いしないとこみると、負けちゃいないな。よし」
「おいおい、調子に乗っちゃいけないよ。って、また本題からはずれるだろう。君って奴は、まったく、もう。」
 胃袋ににらまれて、私は首をすくめる。いいじゃないか。そんなふにう言わなくても。

「まあ、君のようにおにぎりをたのまなくても、だね。つまみとして、普通は、いろいろ食べてるものなんだ。鳥のからあげだのフライドポテトだの、天ぷらだの、油っこいものも多いし、トータルすると摂取カロリーは相当のものだ。成人の1日の必要量以上を1回の宴席でとってしまうことは、少なくない」
「へっ。でも、だったら何で空腹なの」
「だから、それが、間違いなんだよ。血糖値の低下が脳に空腹の指令をださせるわけなんだが、この血糖値の低下は一時的なものなんだ。もともと、アルコールを分解するために、糖分を急速に消費した。そのために引き起こされたものなんだからね。時間がたてば、肝臓のグリーコーゲンが分解されて血糖値は上昇する。急いで食べる必要はないんだ。時間がたてば、解決するのさ。実際に腹ぺこなわけじゃない。この空腹の指令は、無視すべきものなんだよ。だいたい、空腹なはずはないんだ。飲むときに、あれだけ食べてるんだから。たいていの場合は、カロリー不足どころか、過剰になってる。だからね。飲んだ後にラーメンを食べるってのは、肥満の原因になるだけで、いいことじゃないのさ」
 胃袋はしたり顔でしめくくった。

「へい、お待ち。」
 威勢のいいかけ声で、目の前にどんぶりが置かれる。
 初めての店だ。頼んだのは、ラーメン。何もつかない、ただのラーメン。やはり基本の味を最初に食するのが常道だろう。ただし、薄味とこってり味のどちらかを指定することになっていたので、こってり味選んだ。飲んだ後には、やっばり、こってり味でしめたい。

 箸を割ろうとすると、胃袋が話しかけてきた。
「承知で食べるんだろうね」
「えっ」
「今、話したことさ。飲んだ後のラーメンは、百害あって一利なしってことだよ。今、感じている空腹はまやかしだ。この真夜中に、糖分を補給する必要はどこにもない。この一杯は、間違いなく肥満の原因だ。さっき食べたフレンチのコースとワインで今日の摂取カロリーは必要分を確実にオーバーしているからね。何なら計算してやろうか」
「ええっ。なんだって、今になってそんなこと言うんだよぅ。今からラーメンを食べようって時になって」
「だって、君、いつも言うだろう。後になってから。『胃袋の奴が食べたがったんで仕方なく』とかさ。言い訳するじゃないか。こっちを悪魔の化身のように言ってさ。だから、たまには、良心の真似事をさせてもらうおうと思ってね」
「良心の真似事、あんたが」
「真似事と言っても、今の話にウソはないよ。100%、まざりっけなし、本当の話だ。さあ、どうする。それでも、食べるのかい」
「うぅん」
 私は、うなった。
 胃袋の話を疑ったわけではない。それは、たぶん本当のことなのだろう。そう言えば、そんな話を聞いた記憶がかすかにある。だいたい、胃袋も私も使用する記憶は同じものなのだ。ただ、それを引き出す能力に優劣があるというだけの話で。なさけないことに、私は胃袋よりもその能力においても数段劣る。

 たちのぼる湯気。目の前の器からは、ぷうんとスープのいい匂いがただよってくる。
 これを目の前にして、どうやって、耐えられようか。

「いただきます」
 大きな声で、ご挨拶。我々は、ラーメンにとりかかった。

「ほらね、やっぱり」
 胃袋はからかうような口調で言った。
「なんだよぅ」
 忙しく箸をうごかしながら、私はしゃべる。音声にしなくてすむので、食べている時でもしゃべることができるのが、我々のいいとろこだ。
「なんのかんの言っても、結局、食べるんじゃないか」
「もったいないじゃん、食べなきゃ。注文したものを残すなんてマナーに反する」
「マナーねぇ、君がねぇ」
「なんだよ。今日はやけにからむね」
 睨むと、まっすぐに睨みかえされた。
 こうなると、分が悪い。確かに、最近の食べ過ぎを胃袋のせいにしてぶつぶつと言っていたのは事実なのだ。
「わかったよ。悪かったよ。食べたいのは、私も一緒です。胃袋のせいにして、悪うこざいました。これでいい?」
 ふくれっつらをして謝ると、胃袋は笑い出した。
「いや、別に謝ってほしかったわけじゃないんだけど。まあ、いいや。とにかく、今は食事に集中しよう。でなきゃ、ラーメンに失礼だろう」

 失礼のないように、我々はラーメンに集中した。
 ミニのメニューもあったので、普通盛りの量が多いかと思ったが、さほどでもなかった。ごくごく普通の量のラーメン。基本のメニューらしく、トッピングもチャーシューが2枚ほど、ネギとシナチクと特段変わったところはない。
 お味の方は、予想を裏切って、なかなかいけていた。飲んだ後に食べるのにちょうどいい具合のしつこさ加減。味も濃すぎず、薄すぎず。味覚のあやしくなった舌にも味がわかる程度にしっかりした味付け。これがいい。

「ごちそうさまでした」
 スープ1滴残しはしない。器は空。
 完食である。
 すべてを承知で臨んだのだ。
 飲酒後の真夜中のラーメンを食べるのに、スープを残すような姑息さは似合わない。
 すべてを引き受ける。
 その覚悟がなくて、どうするというのだ。
 

 外へ出る。
 風に逆らって歩き出す。
 恐いものなど何もない。
 我々がそんな気になったのは、酔っていたせいだと思う、きっと



 


「あれこれ」目次へ



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)