勢いでもう1軒

酔っぱらいは、馬鹿なもの
ついつい、行くのよ、もう1軒(^_^;)

  


 勢いというのものはある。
 うん、確かにある。
 いつもだったら、ちょっとしないようなことをしてしまう、できてしまう。そういう勢いってあると思う。
 皆と一緒だかったから、とか、盛り上がってとか。ついつい、もう1本、もう1軒。そんなことをしているうちに、終電がなくなって、仕方ないからオールナイト。
 そんなお馬鹿な経験の一度や二度、誰にでもあるんじゃないかなぁ。それとも、そんなことをするのは、私だけ?


 このあいだ、初めて近所のそのお店に入ったたのも、そんな酒の勢い。
 というか、気分。たまたまというか、何というか。まあ、そんなもの。
 仕事の関係で数人で夕食を伴にした。和食のお店で個室。当然ででくるのは、コース料理。おきまりのように、ビールと日本酒。酒も食事も悪くはない。それどころか、おしいい。料理の一つ一つを仲居さんが説明してくれるし、日本酒は竹にはいってでてきた。こういう食事は、自分でお金をだしてはあんまり食べない。ありがたいことだと思う。
 でも、正直、やはり肩は凝る。


 一人になって、電車にのると、急にラーメンが食べたくなった。
 この時間なら、もしかして。乗換駅で降りて、ご贔屓のラーメン屋に行っみたものの、のれんを中にしまわれた後。もう、スープが終了したらしい。人気の店なので、閉店時刻まであいていることは、めったにないのだった。しまった。では、こういう時のあの店に、と歩き出したが、なぜか、いつもの店の通りに行き当たらない。どうも夜道で一つ、通りを間違えたらしい。引き返すのも面倒でそのまま駅に向かう。


 今度、降りたのは、最寄り駅。そのまま帰るのが体重的に正しい行為だ。そう、わかっていても、なかなかそうできないのが辛いところ。
 胃袋の奴が騒ぎだす。
「寄って行こう」
「どこに」
断ればいいのに、私もついつい応えてしまう。
「ほら、近所のあそこだよ、地下に降りるとこ」
 そうか。あそこか。
 駅から自宅に向かう途中、麻雀屋の地下にカクテルのお店がある。あるというのは、もうずっと前から知っていて、そこの前に出してある黒板のメニューをチェックするのは日課になっているほどなのに、実は一度も入ったことがない。
 別にカクテルが嫌いなわけじゃない。自宅の近くで飲む機会がないというだけのことだ。飲むとしたら、東京か逆に横浜に出たときだし、その店の前を通るのは、どこかへ行く時か、どこからか帰って来た時。いつも何かをする途中で、立ち寄るチャンスがなかったのだ。


「春キャベツのスパゲティーだってさ」
 胃袋は、めざとく店の前の黒板を読む。しかし、本当は、1週間も前から、このメニューを気にしていたのを私は知っている。店の前を通るのは、いつも食事の帰りだったから、さすがに食べようとは言い出さなかったが、食べたがってはいたのだ。
「いいじゃん」
 いつもなら、食事の後だよ、と止めるとこたが、なにせ、もうラーメンを食べる決意をしてふられたところだ。もう、歯止めなどない。私も、何かをたべないことには、落ち着けなくなっていた。
 カクテルもフルーツ各種と書いてるあるから、きっと春らしくいちごのものとかを飲ませてくれるのだろう。最後に1杯、カクテルというのも悪くない。
 我々は、初めて、その下に降りる階段を下りてみることにした。


 店は意外に広かった。
 もっと狭い店を予想していたのだか、カウンターがコーナーの形にきってあって、テーブル席もかなりある。壁には、お酒のボトルがずらりと並んでいるのは、こういう店のお約束。でも、へたな絵なんかより、ずっといい。お酒のボトルというのは、見ていてあきない。こうも種類があるとなおさらだ。知っている銘柄があるかどうか、探すだけで時間がつぶせる。
 「何かおつくりましょうか」というバーテンさんに、とりあず食事させてくださいと、お目当ての春キャベツのスパゲティーを頼む。飲み物は、ビール。エビスをおいてあるのがうれしい。
 「いいじゃないか」
 胃袋は、とにかくエビスがおいてあることを高く評価したらしい。私も異存はない。
 「うん、感心だ」
 我々がしゃべっているのには気づかず、バーテンさんは連れのない一人の私にあれこれと話しかけて、気を遣ってくれる。そう押しつけがましくもなく、いい感じだ。
 ほどなく、スパゲティーが置かれた。
 早速、とりかかる。フォークが小さいのがご愛敬だが、なぁに。食べられれば、それでいいのだ。
 見た目もきれいにしあがっていて、量もそう少なくない。
 早速、一口、食べてみる。
 「えらいじゃないか」
 胃袋がいう。
 「うん、エライ」
 なんだ。ヘタなスパゲティー屋より、まともなものをだすじゃないか。キュベツはたっぷり。麺は細め。バランスも悪くはない。でてきたのは、まっとうな一皿。飲んだ後に食べるのには、ちょうどいい。
 これは、アタリだ。こんな店が近所にあったのに、今までほっておいたのは、申し訳なかった。
 「一度も寄ってくださらないなんて、ひどいじゃないですか」
なんて、我々の会話を聞いていたようなことをバーテンさんに言われて、ドキッとする。
 しかし、これは、私が近所に長年住んでいるという話をしたからだろう。


 「何がお勧めなの」
 最後に1杯、飲んでみたくて、カクテルのお勧めを尋ねてみる。
「うちは、生のフルーツを使うものが評判がいいんです。キーウィがお嫌いじゃなければ、それを、どうでしょう。女性には特に好評なんです」
 そう言われて、それをもらうことにした。
「いける」
「いけてる」
 胃袋と私は、言ったのは、ほぼ同時。
 確かに、甘めだから、男性には、ちょっとという人がいるかもしれなが、口当たりもよくて、おいしい。
「ですが、アルコール度数は低くありませんからね」
 とは、バーテンさんからの忠告。
 うん、そうなんだ。このての甘いカクテルは、飲み過ぎるとひどいめにあう。最後に1杯が正しい飲み方かもしれない。


 「また寄るね」
 お世辞ではなく、本気で、そう言って店を出る。


 酒の勢いで入った店、たまには、こういうアタリがあるから、胃袋も私も、もう1軒をやめられないんだよねぇ。



「あれこれ」目次



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)