飲めますか?

「飲めますか」そう聞かれたら、どう答えますか。
ぜひ、皆さんのご意見をお聞かせください。

  

 「飲めますか」
そうきかれたら、どう答えるだろうか。
 時と場合による。
 たぶん、たいていの人はそう言うだろう。
 この質問自体が、きわめてあいまいた。肝心の「誰が」とか「何を」という項目が欠けている。場合によっては、「いつ」とか「どこで」とか「誰と」が重要になる可能性もある。
 だが、たいていの場合、この質問の大筋は決まっている。
 「誰が」とは、質問を受けた「あなた自身が」であり、「何を」というのは、「酒を」である。
 つまり、質問は、こうなる。
「あなたは、お酒を飲めますか」


 これに、「今日」とか「週末」がついたら、それは、たぶん、あなたのスケジュールをたずねいているのだ。「今晩、お暇?」そういう意味だ。飲み物が酒かジュースか、そういうことは、さほど重要でないことが多い。
 これが飲み屋の酒の席でなら、どうだろう。これは、もう、質問そのままの意味である。
「あなたは、酒を飲むことができるか」
 酒を飲むか、飲まないのか、そして、さらにそれが可能かどうなのかを聞いていることになる。
 もし、一滴も酒を飲まないのなら、答えは簡単である。「いいえ。飲めません」それでいい。接待とかだと、あいそのない奴だと思われる危険もあるが、なに、病気で、とかそれらしい言い訳をすればよい。
 最近は、飲まない人に勧めるのは、不作法だという至極全うな常識がようやく通用するようになった。体質的に酒を飲めない人、宗教的理由や主義主張として酒を飲まない人、単に飲みたくない人、そういう人に無理矢理に酒を勧めるのは、いいこととは、とうてい思われない。酒を飲みたくない人に飲ませて、何が面白いのだろう。その理屈が私には、少しもわからない。飲みたい人が飲んで、飲みたくない人は飲まない。それで世の中、丸くおさまると思うのだが、そうは思わずにお節介を焼く人間がいるので困る。しかし、飲めない人が飲めまずにいられるようになったことは、ひとまずめでたい。



 問題は、あなたが飲める人の場合だ。
 飲める、これも問題である。
 いったい、何を基準に酒の飲める飲めないを決めるのだろう。アルコール分解酵素の有無だろうか。それとも、本人の自己申告による酒量だろうか。
 だとしたら、どのくらいの量が飲めるとしたら、酒が飲めるといえるのだうろ。その酒の種類は、何だろうか。
 問題はつきない。



 私の場合を考えてみる。
 私は、ずっと自分が飲めないと考えていた。
 特に日本酒に関しては、そうだ。日本酒は飲めないものだと思っていた。つい何年か前までそうだった。
 ある日、日本酒のお店に行った時に、「だまされたと思って飲んでごらんよ」とガラスのぐいのみに、ほんの一口、名前を忘れたが、そこの店のお勧めの名のある日本酒をつがれた。一口くらいなら、と、飲んでみたらこれがおいしい。でも、恐ろしいので、それ以上は飲まなかった。が、その店にいくたびに、皆の飲む日本酒をほんの一口だけもらうようになり、飲んでみると、なかなかいける。一杯が二杯になり、皆とペースをあわせられるようになるまで、そうはかからなかった。
 考えてみれば、もともとふぐ料理の時のひれ酒は好物なのだから、日本酒そのものがダメというわけではなく、最初に飲んだ酒があわかなっただけなのだろう。今では、友達と日本酒の専門店にもでかけるようになった。飲んでみると、これが楽しい。


 ワイン関しては、どうだろう。私の友人には、ワインならいくらでもという強者が、女性にもいるが、私は、気持ちよく飲めるのは、1本半くらいまで。2本になると、ちょっと多いと思ってしまうから、そうそう強い方ではないのだろう。
 カクテルは、どうだろう。ちゃんとしたものなら、3杯か。よほど調子がいいと4杯いけるかもしれないが、これは無理をすると失敗すると身にしみているので、最近はおさえることにしている。これも、そう強くない。


 唯一、一番好きなビールだけは、昔は相当に飲めたものだが、残念ながら、今はもう無理だ。3リットルで、もう入らない。あの2リットル入りのガラスのピッチャーが2つは、飲めない計算になる。情けない限りだ。
 飲めば、飲めないことはないが、記憶がなくなるので、まわりが嫌がる。確かに、これは大人としてはまずいだろう。


 たぶん、私は人間を飲める人、飲めない人に分類するとしたら、飲めない人に分類されるのだろう。
 私の田舎、九州の鹿児島では、焼酎一升が飲める、飲めないの基準である。焼酎一升が飲めなければ、酒が飲めるとは言えない。が、一滴も飲めないのと、一升飲めないのとが同じというのでは、やはり問題があるだろう。ということで、私のような人は、酒が飲めるかと問われた時は、こう答えることになっている。
 「いや、ほんのおつきあい程度」
 これなら、全く飲めないと誤解されることも、一升飲めると期待されることもない。飲み会に誘われずに寂しい思いをすることもない。なかなかに便利なお返事である。
 だから、よっぽどのことながない限り、病気で酒がドクターストップになっているとか、入院しているとか、そういうことのない限り、私はこう答えることにしている。


 しかし、飲んだ後に、時折、「おつきあい程度と言ったじゃないですか」と言われることがある。どうも、おつきあい程度にも飲めないと不満に思う人がいるらしい。残念である。
 本当は、一升飲めないのだから、飲めないと正直に言うべきなのだろうか。しかし、そうなると誘ってもらえないでなはいか。飲むのは嫌いではないので、そうなると悲しい。が、一升も飲めないのに、飲めると嘘をつくのも気がひける。そこで、この玉虫色の解答を繰り返すことになる。
「いえ、ほんのおつきあい程度」
 分かって欲しい。そう飲めないとはいえ、皆と飲むのは嫌いではないのだ。まるきりの下戸というわけでもないのだし。こう答えることを許して欲しい。


 「飲めますか」
 そう聞かれるたびに、どうこ答えようかと迷う。
 いったい、皆さんは、どのように答えられているのだろうか。
 ぜひ、ご意見をお聞かせ願いたい。

 

 


「あれこれ」目次へ



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)