パフェとは何ぞや

パフェの定義をご存知ですか。
ご存知でしたら、ぜひ、教えてください。

  

 パフェとは、そもそも何なのか。
 この問題について、考えられたことがあるだろうか。
 チョコレートパフェ、いちごパフェ、マロンパフェ、等々。喫茶店で食べる、あのパフェのことである。
 喫茶店でも定番のこのメニュー。なんでも、デザートとしては、常に1,2を争う人気だとか。雑誌でも特集をくまれることが多いし、パフェについて熱く語る人は少なくない。かく言う私もパフェについては、ちょっと一言あったりする。しかし、そもそもパフェとは何なのか。このことについて、深く考えることは、今までなかった。


 「よいパフェとは何か」とか「自分にとって最高のパフェの条件」とか「今、気に入ってるパフェのお店はどこか」とか。そういうことなら、常に考えている。友達と意見を交換することも多いし、情報誌のコーナーも見逃さない。新しいパフェを見ると、食べてみなくては、と思うし、喫茶店のショーウィンドゥーで最初にチェックするのは、パフェである。
 先日、デパートで気になる貼り紙をみつけた。新作パフェ。これは、いい。新しいパフェは常に歓迎である。
 しかし、このパフェはちょっと変わっていた。和菓子の専門店に併設された喫茶のパフェである。陶器の平べったいお皿にどら焼きの皮のようなものが並べられ、その横にアイスクリームのようなものが並んでいる。いちごも飾られ、春を表現しているらしい。きれいな飾り付けの一皿。ちょっと食べてみたくなる。
 が、考えた。ちょっと、待て。これはパフェなのだろうか。
 どうも私には、パフェとは思えなかったのだ。いや、別に和風喫茶のパフェは認めない、などと心の狭いことを言うつもりはない。飲み屋だろうと、ファミレスだろうと、パフェを出して悪いはずはない。和風喫茶だからパフェはいかんというつもりはない。和菓子を使うことについても、異論はない。食材の冒険は、歓迎である。
 そうではない。私のひっかかっているのは、そんなことではない。これがパフェでなかったとしても、食べてみたいことには変わりない。見応えのある一皿。これを食してみたい気持はある。しかし、これをパフェと呼ぶのには、抵抗を覚える。ひつかかっているのは、これがパフェと言えるかどうか、そのことだ。


 しかし、考えてみると、パフェとは、そもそも何をもってパフェというのだろうか。考え始めると困ってしまった。パフェの定義というはの、何なんだろう。
 よく一緒に食べ歩く友人に聞いてみた。
「パフェの条件はね、アイスクリームと生クリーム。これが揃ってれば、パフェよ。後は、いちごとか、バナナとか、チョコレートとか。種類によって、いろいろ入ってるわけね。おいしいのもまずいのもあるけど。最低条件として必要なのは、アイスクリームと生クリーム。この二つ」
ということであった。
 ふうん。そうか、生クリームとアイスクリームが揃えばパフェと名乗れるわけか。
 私はというと、漠然とこの条件はもちんだが、縦長の器に入っていること、というのが必要条件のように思っていた。たぶん、これは、プリンアラモードとの対比でそんな風に感じていたのだろう。パフェが垂直方向への縦への力だとしたら、プリンアラモードは水平方向への横への力、なんとなくそんな風に考えていたのだ。
 デバートの和風喫茶のデザートがパフェを名乗るのに違和感を覚えのたは、そのせいだ。平べったいお皿に載っている。横に広がる皿に載ったそれが、パフェと名乗ることに抵抗感を覚えたのだろう。

 

 パフェとはそもそも何なのか。これを調べてみようと思って、インターネットを検索してみた。もちろん、インターネットでも、パフェについては、数々のサイトが情報を発信している。食べに行ったパフェについて評点をつけて評価しているサイトもある。日本全国、各地にお勧めのパフェのお店があるらしい。とても一人では食べられない量のジャンボパフェや、地方独自の食材を使った変わり種パフェなど。その種類も様々だ。研究対象としても、なかなかの人気らしい。各々の愛するパフェについて熱く語る人は少なくない。パフェ専門のサイトも多い。
 しかし、パフェとはそもそも何なのか。これについて語ってくれるサイトは見あたらなかった。あまりにも当たり前のことなので、解説する価値がないのだろうか。それとも、諸説あって、この件について語ると紛糾をまぬがれないので避けて通っているのか。その真意はわからない。が、この疑問の解答は見つからなかった。


 仕方なく、辞書をひいてみた。このためだけに、インターネット検索の有料辞書サービスを申し込んでしまった。せっかくだから、その結果をご披露しよう。

*デイリーコンサイス国語辞典
 アイスクリームに果物やチョコレートを添えた食べ物。
*新明解国語辞典
 アイスクリームを台にし、果物・ジャム・チョコレート・アイスクリームを交互に重ねたデザート。(背の高いデザートグラスを使い、一番上にホイップしたクリームを載せることが多い)
*コンサイスカタカナ語辞典
 冷菓の1つ。アイスクリームに果物、チョコレート・生クリームなどを添えたもの。「チョコレートパフェ、フルーツパフェ」などがある。

 そして、このパフェなる言葉は、フランス語の"parfait"から来ているらしい。完全とか完璧とかいう意味である。クラウン仏和辞典によれば以下の通り。
*クラウン仏和辞典
 ──parfait <男>
 1.完全、完璧。
 2.文法 完了(相、形)《imparfait(半過去)に対して単純過去、複合過去を言う》
 3.菓子、パルフェ。◆泡立てた卵黄・生クリームにコーヒーや果物を加え型に入れて凍らせたアイスクリーム。−〜au caf コーヒー・パルフェ。


 うぅん。そうか。友人の考えも私の考えも、まんざら誤りというわけではないらしい。
 パフェとは、少なくとも冷菓なのだ。完璧な冷菓という意味なのだろうか。であれば、アイスクリームと生クリームが重要な要素であることもうなずける。背の高い器に盛られることが多いのも事実らしい。
 しかし、それでも「パフェとは何か」、その定義は、はっきりとはしない。一体、何をもってパフェとは成立するもんなんだろうか。
 パフェは縦の力という、私の考えは、思いこみぬすぎないのか、それとも大切な要素なのか。チョコレートパフェの中身をそのまま、皿に並べたら、それもパフェと呼んでいいのか。生クリームは必須の要素なのか。アイスクリームなしでパフェは成立しないのか。アイスクリームは純正でなければならないのか、それとも低脂肪のものやラクトアイスやフローズンヨーグルトでも代替可能なのか。フルーツは必ずなければならないのか、種類に限定はあるのか。
 そのへんについては、どうなっているのだ。はっきりしたことが知りたい。どこかで何か協定とかなされているのだろうか。国ごとに基準が違うとか。そういうことってあるのだうろか。ご存知の方は、ぜひお教えいただきたい。


 とりあえず、私は、今度の週末には、デパートの和風パフェにトライするつもりだ。パフェであろうと、なかろうと、美しいデザートの一皿だ。期間限定なので、食べ損ねては、後悔しそうだ。
 そこで、もう一度、パフェとは何かを考えてみたい。



「あれこれ」目次へ



ご意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)