ロマンスカーで一休み

仕事の合間に、ほっと一息
ロマンスカーで一休み(^-^)

  


 乗り物は好きだ。てっちゃんでは、ないけれど、電車は特に好き。というか、本当は、汽車が好き。昔、昔、おばあちゃんと汽車に乗ったことがある。寝台車に乗ってゴトゴト行く。ああいう旅をまたしてみたいと思う。


 通勤で電車に乗るようになった時、実は、とってもうれしかった。都会の人には信じられないだろうが、田舎では普段は電車やバスに乗らずに暮らしている人達がいる。私もその一人だった。歩くか、せいぜい自転車に乗るくらいで、すんでしまう。幼稚園から大学まで、歩いて通学できたのだから、お手軽だ。たまに、町に行くにしても、せいぜいバスか路面電車。だから、都会にでてきた時、電車に乗れるのが、とにかく、とってもうれしかった。


 満員電車は嫌いだけれど、正直、今も電車は好き。通勤電車も混むこと以外は苦にならない。バスでも船でも、車でも、とにかく乗り物は好きだ。子供と一緒。乗り込むと、まず一番前に座りたがる。運転手さんの後から大きい窓を見るのが大好き。いくら見ても見飽きない。


 仕事で都内にでる時、新宿経由でいけるところだと、わざわざ遠回りしてロマンスカーに乗ることがある。町田経由で、新宿まで座っていけて、特急料金が410円プラスになるだけ。100円のトロピカーナのミックスジュースを買って乗り込む。合計で510円の出費。でも、喫茶店に入ったと考えれば、そう高くはない。休憩していると思えば、まわり道も気にならない。


 このあいだは、とっても運がよかった。たまたま券売機で出てきた切符が、新型車両の先頭座席。目の前が窓というビューシートではないものの、運転席を通して、走っていく線路が見られるのだ。電車の中で読むつもりだった雑誌を放り出して、前を見ていた。まさに、電車でGO!状態だ。楽しいったら、ない。


 こういう景色は、普段はみられない。線路のある風景というのは、面白い。特に、小田急のように、畑から道から人の軒先から、いろんなところを走ってくれる路線はそうだ。操車場など、普段、横の窓から見ている景色とは、全然違う。線路がいっぱいで、迷路のようだ。一度ためしてみるといい。普段の電車の窓から見る風景と、運転席からみる風景は、まったく違う。線路が前にあるのと、ないのとでは、こんに違うんだと驚くほどだ。


 ふかふかのシートにもたれて、足を放り出し、トロピカーナのストローをくわえる。ねっとりとした濃いジュースを飲みながら、窓の景色を堪能する。最高だ。
 ロマンスカーには、ネクターとか、濃いフルーツジュースがびったりくる。あんまり、炭酸飲料とかは、似合わない気がする。そう思うのは、私だけだろうか。


 町田から新宿まで約30分。ジュース込みで510円のプラス。でも、もしも先頭車両の一番前の席がゲットできたら、きっと1000円以上の価値がある。そうでなくても、ゆったりシートで仮眠したり、読書したり、誰にも邪魔されない自分の時間。しかも、ちゃんと移動中というお仕事感覚もあって、なんだか、とってもお得な感覚。すっごく有意義な時間という気がする。


 もしも、お仕事でこの路線を使うことがあれば、ロマンスカーはお勧めだ。
 乗り込む時には、売店で、トロピカーナをお忘れなく。




あれこれ」目次



意見、ご感想は掲示板かメールで(^0^)